ドストエフスキー

プーチンと『罪と罰』(連載22) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com …

プーチンと『罪と罰』(連載21) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com …

プーチンと『罪と罰』(連載20) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com …

プーチンと『罪と罰』(連載19) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com …

プーチンと『罪と罰』(連載18) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載18) 清水正 こういう絶対神が〈理性と意志を賦与された旋毛虫〉を人間に感染させるのである。というこ…

プーチンと『罪と罰』(連載17) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載17) 清水正 人類破滅に至るまでの展開は実にリアルであるが、生き延びた選ばれたる人々に関しては非現…

プーチンと『罪と罰』(連載16) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載16) 清水正 〈理性と意志を賦与された旋毛虫〉に感染した者たちはお互いに殺戮を繰り返し、結局、人類…

プーチンと『罪と罰』(連載15) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載15) 清水正 わたしはこのロジオンの〈悪夢〉に関してはすでに何度も批評しているが、今回はそれらを踏…

プーチンと『罪と罰』(連載14) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載14) 清水正 それにしても三年越しにわたるコロナ禍がおさまらない二〇二二年二月二十四日にウクライナ…

プーチンと『罪と罰』(連載13) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載13) 清水正 プーチンは自分の野望を貫くためには戦争に敗北することも途中で断念することは許されない…

プーチンと『罪と罰』(連載12) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載12) 清水正 ウクライナ戦争はどのような形で終結するのか。プーチンが自らの野望を貫き通そうとすれば…

プーチンと『罪と罰』(連載11) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載11) 清水正 戦争ほど残酷で悲惨なことはない。人間はなぜこれほど残酷なことを戦場においては成し得る…

プーチンと『罪と罰』(連載10) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載10) 清水正 ここでロジオンの〈踏み越え〉におけるリザヴェータの予期せぬ出現を想起しておこう。 ロジ…

プーチンと『罪と罰』(連載9) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載9) 清水正 ロジオンは思想の自立性を生きていない。ロジオンの〈非凡人〉の思想と、それに基づく犯行は…

プーチンと『罪と罰』(連載8) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載8) 清水正 ロジオンの〈踏み越え〉の計画はあくまでも彼一人によって遂行されなければならなかった。プ…

プーチンと『罪と罰』(連載7) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載7) 清水正 十九世紀ロシアにおいて書かれた『罪と罰』と現在のロシア大統領プーチンの起こした戦争につ…

プーチンと『罪と罰』(連載6) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載6) 清水正 プーチンのウクライナ侵攻によって、改めて人間とは何か、を考えさせられる。人類は万物の霊…

プーチンと『罪と罰』(連載5) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載5) 清水正 わたしはドストエフスキーを半世紀以上にわたって読み続けているが、キリスト教徒になろうと…

プーチンと『罪と罰』(連載4) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正・画 プーチンと『罪と罰』(連載4) 清水正 『カラマーゾフの兄弟』におけるアリョーシャを囲んだ子供たちの「カラマーゾフ万歳」は、「…

プーチンと『罪と罰』(連載3) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 プーチンと『罪と罰』(連載3) 清水正 信仰の問題はその実践においては簡単なことだが、信仰についての思索を展開すればきりがない。ドストエ…

プーチンと『罪と罰』(連載2)

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 プーチンと『罪と罰』(連載2) 清水正 キリストの教えを忠実に守れば確実に死ぬことになる。キリストは十字架に掛けられて殺されたが、キリス…

プーチンと『罪と罰』(連載1)

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 近況報告 相変わらずの神経痛生活を送っているが、ロシアのウクライナ侵攻問題は長引きそうな様相を呈してきた。わたしは極力、時局的なことに…

江古田文学賞設立の頃 ──江古田文学の理念と受賞パーティをめぐって── 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 江古田文学賞設立の頃 ──江古田文学の理念と受賞パーティをめぐって── 清水正 第一次「江古田文学」が創刊されたのは昭和二十五年(一九五〇)…

遠藤周作の未発表戯曲「善人たち」を読んだ。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comに…

今回、ネット版「Д文学通信」43号に掲載する坂下将人氏の論考は「藝文攷」(2022年1月)に発表された「Ф.М.ドストエフスキー『悪霊』──「鳩」に関する一考察」の増補改訂版である。ぜひお読みください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comに…

断想・幸徳秋水とドストエフスキー(連載2)

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comに…

プーチンのウクライナ侵攻とトルストイの「神の王国は汝らのうちにあり」

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comに…

番場恭治『ドストエフスキー全集』を刊行した小沼文彦 ネット版「Д文学通信」42号(通算1472号) 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comに…

「目には目を」。トルストイの言葉に耳を傾けよう。そしてドストエフスキーの言葉に。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comに…

プーチンとラスコーリニコフの〈あれ〉。プーチンは核のボタンを押すことができるか。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comに…