『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第五回)

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com にお送りください。

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

清水京子画「永遠のミーコ」

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

清水正林芙美子

田代別館ご案内

世界自然遺産屋久島の宿 田代別館│公式│縄文杉白谷雲水峡に近い

平成22年9月7日(火曜)

 

『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第五回)


益救神社から白谷雲水峡へ
9月2日は八時に起き、朝食の後、八時半鹿児島交通バスで宮之浦埠頭へ。ガイドは屋久島出身の岡元八千重さん。トッピーからの客を乗車させて、十時過ぎ益救神社への参拝。「町指定文化財 益救神社仁王」の石像ニ体、その背後には巨大なガジマルが根を綱のように地に下ろしている。十時五十分、バスは益救神社を後に白谷雲水峡へと向かう。
山々に囲まれた道路を快調に走って着いたのは十一時過ぎ。谷を流れる清澄な水、谷を慎重にわたる鹿、心をなごます木々の緑、バスを降りると自然に深呼吸したくなる。雲水峡入口を入ってすぐに、環境省林野庁が立てた「ここから国立公園です 美しい自然を永く子孫に伝えるため一人一人が大切にしましょう」と書いた看板がシダの間から顔を覗かせている。お堅い役所の看板も苔化粧を施されて、屋久島の自然に溶け込んでいる。いつの間にかガイドの岡元さんは黒いヒールを白い運動靴に履き代えて、みじんの疲れも見せず、はきはきとした美声でガイドを務めている。木で組まれた細い歩道を一歩一歩登り、小さな橋を渡ると、すぐ目の前に巨大な岩が幾重にも重なりあった場所に出る。一歩踏み外せば大けがをするような岩場だが、この日はサングラスをかけていても眼が痛くなるような快晴日で、一行は元気よく、子供心に戻って上りきった。
 再び樹間を歩いていると土埋木(どまいぼく)を説明する白い看板が立っていた。そこには「江戸時代に伐採された屋久杉の用途は、主に平木(屋根の材料)用であったため、割れ易い木を選んで加工し易い部分のみを利用しました。利用されなかった枝条や幹、根株は林内に放置されました。屋久杉は樹脂を非常に多く含んでいるため、200〜300年たった現在でも腐ることなく残っています。それらの残材を「土埋木」と称して林内から搬出し、貴重な屋久杉工芸品として利用しています。」(林野庁 屋久島森林管理署)と書かれていた。
 谷川の水は観光客の存在などにはまるで無関心のように自ずからなる道を、苔むした岩肌をなめるように流れていく。岩と樹と苔と水、そして吹き流れるさわやかな風と樹間からひっそりと顔をだす光の融合した世界に、しばし時を忘れる。ここに流れる時は、都会に流れる文明の時とは異質の時、ゆったりとした時である。時間に追われるように生きている者にとっては、ここ屋久島の白谷雲水峡に流れる時は、あたかも停止しているかのようにさえ感じる。
 切られても、倒されても、打ち捨てられても、腐らずに何百年の時を自らのからだに刻んだ土埋木に、わたしは深く想うところがあった。存在の時空を占めるのは決して生きてあるものだけではないのだ。清流の音に耳をすませば、森の精霊たちのつぶやきが聞こえてきそうだ。先日、検診日に近代先端機器で聴覚検査を受けたことをふと思い出した。どんなに文明が進み、医療が発達しても、森の精霊のつぶやきを聞き分ける聴覚を獲得することはできないだろう。
 十一時半、「二大杉」(切株更新)に到着。林野庁の看板には「この杉は切株の上に種子が落下して発芽生育した二大杉です。このようにして世代交替が行われることを切株交替といいます。屋久島の山ではこのような杉がいたるところで見られます。まさに屋久島ならではの人と自然との営みが組み合わされた光景と言えましょう」とある。
 研究教育の現場に生きる者にとって土埋木と切株更新の杉には深く心を動かされた。死んでも死なない土埋木と、自らのからだを種床として後進を育てる二大杉、わたしは水分をたっぷりと含んだ樹木と土と、そして木漏れ日の光を全感覚で受けとめながら、ゆっくりと歩をすすめた。























 大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

www.youtube.com



大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第四回)田代旅館三代目女将・田代房江さんにインタビュー 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com にお送りください。

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

清水京子画「永遠のミーコ」

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

清水正林芙美子

田代別館ご案内

世界自然遺産屋久島の宿 田代別館│公式│縄文杉白谷雲水峡に近い

 

『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第四回)

平成22年9月6日(月曜)
田代旅館三代目女将・田代房江さんにインタビュー 

2010年9月2日 田代別館263号室にて
林芙美子の「屋久島紀行」に出てくる田代館の〈無口なおとなしい女主人〉の名前は田代ハヨさん(旧姓は中間でチュウマンと呼ぶそうである)で、田代郷吉さんに嫁いだ。ハヨさんは名古屋にいたこともあったそうだが、結婚後は役場に勤める郷吉さんと姑のハツさんによく仕えながら旅館業を一人で仕切っていたらしい。二十三歳で七つ歳上の田代幹郎(みきお)さんと結婚した房枝さんにもたいへんよくしてくれた姑だったそうである。ハヨさんは昭和五十年八月に七十歳で亡くなっている。ハヨさんはひとの悪口などいっさい言わない、ひとのいい、静かでやさしいひとだった。林芙美子が「屋久島紀行」で田代旅館の女主人、すなわちハヨさんのことが書かれていることに関してもいっさい自分から話すことはなかった。房枝女将は田代家に嫁ぐ前に、林芙美子の本を読んでいて知っていたということであった。
 田代房枝女将は旧姓中島(なかしま)で、六人兄弟姉妹の二番目(長女)として、昭和七年四月五日に屋久島に生まれた。父親は戦時中は海軍に属し、戦後は屋久島・鹿児島間の運搬船で働いていた。房枝さんは屋久島高校を卒業(第一期生)して、しばらく祖父母の面倒を看た後、十八、九歳頃に東京に出て府中に住み、調布にあった洋裁学校に四年半ほど通ったが、結婚のために二十三歳の時に屋久島に戻った。
夫幹郎さんとの間に三人の子供(幹治・勝範・貴久)を授かった。夫の幹郎さん(大正十四年二月十四日生)は上屋久町の役場に勤めていたが、平成八年五月に七十一歳で亡くなった。もしお元気であれば、母のハヨさんに関して詳しい話も聞けたのにと残念な思いであった。現在は、長男の幹治さんが四代目として三男の貴久さんとともに田代別館の経営に当たっている。


房江女将さんには二時間にもわたって貴重なお話を聞かせていただいたばかりではなく、未公開の写真を提供していただきました。林芙美子が「屋久島紀行」で書いていた田代館の女主人の名前を知れたこと、肖像写真を直に見られたことは感激でした。改めてお礼申し上げます。

ここ一週間ばかり、『ベラミ』論を中断して、モーパッサンの代表作を読み続けた。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com にお送りください。

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

清水京子画「永遠のミーコ」

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

近況報告

ここ一週間ばかり、『ベラミ』論を中断して、モーパッサンの代表作を読み続けた。新潮世界文学全集22に収録されている『脂肪の塊』『テリエ館』『女の一生』『ピエールとジャン』などである。どの作品も面白く、批評衝動に駆られた。が、詳細な作品批評をすることはできない。書く時間がない。モーパッサンに関しては『ベラミ』論だけで終わりそうだが、まだ〈第一日目〉を批評し終えていない。前にも書いたが、批評方法を変えるしかなさそうだ。

モーパッサンに惹かれる第一の理由は、彼の現実を見る冷徹な眼差しにある。彼の世界観にあってキリスト教は絶対的な位置を占めていない。彼が生涯愛した〈水の上〉の生活は、彼の自然観、宗教観、人生観に決定的な影響を与えている。彼の内にあってはユダヤキリスト教の神は〈絶対」ではなく、相対的に扱われている。彼の眼差しは人間を見つめている。〈ひとりぼっち〉の置き忘れられたような人間を、作者モーパッサンの眼差しは決して見逃すことはない。彼の人生観、宗教観の根底にある中庸精神は、日本人のそれと共通するものを感じる。わたしはドストエフスキーの作品を読み続け、批評し続けているが、今回モーパッサンの代表作を読んで、彼の中庸精神、冷徹な現実認識に共鳴するところ大であった。

わたしは『罪と罰』は巨大な少女小説幻想小説と見なしている。二人の女を殺した殺人者をシベリアまで追っていく娼婦ソーニャ、そのシベリアで殺人者は回心する。こういった筋書きそのものの幻想性に魅入られてしまう読者に、『罪と罰』の少女小説性を指摘することはできない。ドストエフスキーキリスト教は真剣に検証されなければならない。『罪と罰』を読み終わって〈キリスト者〉になれないものが、安易にシベリアでのロジオン・ラスコーリニコフの復活の曙光に感動してはならないのである。ロジオンの〈回心〉は殺人を悔悟した後になされたものではない。ソーニャはスヴィドリガイロフの金銭的援助があったからこそ淫売稼業の泥沼から抜け出し、ロジオンをシベリアまで追っていけたことを忘れてはならない。ロジオンはソーニャによって救われたかもしれないが、すっかりおしまいになってしまったポルフィーリイ予審判事は依然として救われていない。スヴィドリガイロフは救われるどころかピストル自殺して果ててしまう。殺されたアリョーナとリザヴェータは殺されたまま放置されている。

モーパッサンは作品の中でいっさいドストエフスキーのことについて触れていないが、私は『ベラミ』を『罪と罰』に関連付けて批評している。モーパッサンの冷徹なリアルな眼差しは『罪と罰』のキリスト教に対しても適用されるであろう。〈少女小説〉の巨大なキリスト教的幻想性に微塵もたぶらかされない眼差しで作品を書き続けたのがモーパッサンである。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

お勧め動画AliciaFord

プーチン独裁をなぜ国民は許しているのか考えてみた その1。ゴルバチョフエリツィンプーチン、3大統領の1990年〜2000年。

www.youtube.com



大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第三回) 林芙美子が屋久島で最後に泊った田代館を訪ねる

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com にお送りください。

林芙美子1903年に生まれた。来年2023年は生誕120周年を迎える。わたしは2010年から「『浮雲』研究のために屋久島へ」を本ブログで連載したが、このたび林芙美子生誕120周年に向けて再録することにした。林芙美子の代表作『浮雲』は重要な作品であり、ドストエフスキー研究家にとっては必読書である。何度でも言うが、林芙美子の文学は本物であり、世界文学の地平において読み直されなければならないのである。

 

清水京子画「永遠のミーコ」

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第三回)

林芙美子屋久島で最後に泊った田代館を訪ねる
平成22年9月5日(日曜)
 九月一日、バスで鹿児島本港南埠頭に到着したのが十一時半過ぎ。待合室からは桜島が見える。平和食堂「我流風」で定番らーめん大盛りを食べてまずは腹ごしらえ。十二時半、とつぜん大雨が降るがすぐに止む。待合室のみやげ売り場で今日入荷したばかりというみかん顔のストラップを購入。一時にトッピー3に乗船。ターミナルを後に屋久島へと向かう。



午後三時、宮之浦港に着く。迎えに来た田代別館の田代貴久さんの運転で旅館についたのが午後三時半。ひとまず部屋でゆっくりして、散歩に出る。田代別館前の「とうせんきょうばし」(唐船峡橋)を渡って宮之浦港方面へと足を運ぶ。途中、小雨が断続的に降る。木陰で話をしていた二人のお嬢さんのうちの一人が田代別館の子供ということで、これも縁ということで記念撮影。










川に降りてボートを撮影しようとして軽いねんざ。川沿いの道を宮之浦大橋の方へ歩く。信号を渡って薬局に入り、エアーサロンパスを購入。軽いねんざには効果があったのか自然に痛みがとれた。大橋を右に見て、左方面を歩いていくと「屋久島特産品協会」がある。パートで交代で勤務しているという寺田さんに田代館の所在を訪ねると親切に教えてくれた。






「益救神社通り(救いの宮)」の標識のある通りを入ってまっすぐ歩いていくと右手に空き地があった。通りがかりの地元のご婦人に尋ねると、ここに田代館があったが、一昨年取り壊されたということであった。来た道を戻り本通りに出て、「山口ストアー」のご主人に田代館のことを訪ねると、確かに一昨年まで田代館があったという証言が得られた。目的を達したので田代別館に戻ることにした。




帰りは宮之浦大橋の近くにある昭和五年に作られたという風情のある橋を渡った。釣りをしている老人がいたので、なにが釣れるのかと聞くと、コアジがとれるということであった。たしかに小さな魚が釣り上げられていて、無造作に橋の上に投げ出されていた。肉眼で見る限り、川の水は澄んでおり、ただ一匹の魚影もない。小雨降る中、美しい自然の光景に見とれながら歩いていると、途中で崖の草むらに赤いカニが何匹もいることを発見した。近づくと石垣の隙間に身を潜め、じっとこちらの様子を伺っている。この命がけで、必死に生きている姿に感動し、しばし見とれてしまった。


午後六時半、旅館に到着。七時から夕食。この場に女将が挨拶にこられ、田代館の先代女将について話を聞くことができた。食後、ゆっくりインタビューする予定であったが、女将は家に来客があったとかで、取材は明日に持ち越すことになった。ロビーの壁に女将を取材した新聞記事が張られてあったので、それを読む。

「田代房枝さん(75)屋久島町宮之浦 創業105年の旅館女将 日本舞踊でもてなす」と大きな見出しで、女将の写真も大きく載せられている。「ここに生きる」というシリーズの「72」(「みなみネット」2008年3月19日水曜日・屋久島支局・長井三郎氏執筆)の記事である。

 朝は五時半に起床。客の見送りは欠かしたことがない。夜は仕事が終わって午後十一時過ぎに風呂。ここでも翌日客が使うときに不都合はないかチェックの目が働く。就寝するのは午前零時半ー。女将になって五十余年、刻み続けてきた日課だ。
 田代別館の前身である田代旅館の創業は、一九0四(明治三十七)年。今年で百五年目。「屋久島で一番長く続いている旅館」とし自負する、その最初の建物は宮之浦川左岸の街中にあった。木造平屋建てで、部屋数はわずか三部屋。
 二十三歳で結婚、三代目の若女将となった。「当時のお客さんは、仕事関係の人ばかり。観光で訪れるお客さんなんて、いなかった」と振り返る。

 今回の研究旅行は屋久島における林芙美子を検証することが第一の目的であった。林芙美子屋久島と言うと、すぐに安房の旅館(当時は「安房旅館」、今は浮雲の宿「ホテル屋久島山荘」の看板がかかっているが、正式名称は「屋久島ロイヤルホテル」)が取材の対象として思い浮かぶ。林芙美子はこの安房旅館を処点にして屋久島の取材活動を展開したが、「屋久島紀行」を読めば明らかなように、屋久島で最後に泊まったのは田代別館の前身「田代館」である。田代別館のどこにも、林芙美子と「田代館」のつながりを伝えるものはなかった。広告合戦激しいホテル・旅館業界にあってはきわめてめずらしいことである。私は田代房枝女将にお会いして、その謙虚な、優しい心配りに感動したので、林芙美子と田代館のつながりを大いに宣伝し、林芙美子文学のファンが一人でも多く田代別館を訪れてもらいたい気持ちに駆られた。

 林芙美子は「屋久島紀行」で次のように書いている。

  十一時頃、バスは宮の浦の部落へ着いた。村の入口で、若い巡査が珍しそうにバスのヘッドライトに照らされて立った。巡査に田代館という古い宿屋を聞いて、私達はバスを降りた。宮の浦の部落はみんなランプであった。磯の匂いがした。宿屋は案外がっちりした大きい旅館であった。女中がいないのも気に入った。無口なおとなしい女主人が、ランプをさげて、二階の広い部屋へ案内してくれた。橘丸ははいる様子でしょうかと聞くと、多分大丈夫でしょうという返事だった。バスの運転手は、この旅地で、最も私達に親切を示してくれた。明日七時には安房へ発って帰るつもりだと言っていた。

 ここに登場する〈無口なおとなしい女主人〉が房枝女将が二十三歳で田代家に嫁いで行った時の、義理の母にあたる先代の女将(二代目)である。
 九月二日は、早めに夕食を終え、部屋で房枝女将にインタビューすることになった。今まで林芙美子研究においてあまり知られていなかった田代館と林芙美子の関係についてどこまで肉薄できるか、和やかな雰囲気のなか話ははずみ、房枝女将から貴重な証言を得ることができた。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

 

林芙美子の『浮雲』をめぐって

林芙美子は1903年に生まれた。来年2023年は生誕120周年を迎える。

編集

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com にお送りください。

清水京子画「永遠のミーコ」

林芙美子の『浮雲』をめぐって

林芙美子の『浮雲』に関しては十年を費やして批評し続けた。批評し終えた時、わたしは心の中で「さて、芙美子 一杯やろうか」とつぶやいていた。十年かけて『浮雲』を書き終え、ようやく芙美子と酒を酌み交わせる気持ちになった。わたしの『浮雲』論は『私家版 林芙美子屋久島』(2011年2月 限定五十部 Д文学研究会)、『林芙美子屋久島』(2011年4月 D文学研究会)、『『浮雲』放浪記』全五冊(Д文学研究会)、『林芙美子の文学 『浮雲』の世界』全二冊(Д文学研究会)、『林芙美子浮雲』における死と復活の秘儀──成瀬己喜男の映画『浮雲』を視野に入れて』(Д文学研究会)の計十冊を刊行している。

浮雲』をめぐって様々な視点から言及しており、その成果に対する自負もあるが、わたしのこれらの著作をすべて読んだひとはおそらく一人いるかいないかであろう。全十冊のうち市販されているのは『林芙美子屋久島』の一冊だけであり、あとの九冊はすべて私家版であり、入手自体がきわめて困難である。わたしは書くことには精力を惜しまないが、販売とか送付に関してはほとんど労力を使わない。多くのひとに読んでほしいという気持ちはあるが、書き終えるとすぐに次の著作活動に入ってしまうので、結果として読者を獲得する努力を怠ることになる。

わたしは『浮雲』をドストエフスキーの『悪霊』と関連付けて批評したが、主人公の富岡兼吾は『悪霊』の主人公ニコライ、スタヴローギンのほかに、モーパッサン作『ベラミ』の主人公ジョルジュ・デュロワ(綽名ベラミ)の影響も受けている。

林芙美子はゆき子の口を通して富岡を次のように評している。

「私は、あなたのように、絶望はしていません。生きてみせますとも、せいぜい、あなたは勝手に女をつくればいいのよ。河内のキャンプで、私は、ベラミーって小説を読んだけど、あなたは、あの中の主人公ね‥‥‥。でも、あの主人公は、宿なしの風来坊だから、女を梯子段にして出世するンだけど、あなたは、女だけを梯子にしてる‥‥‥」

今、わたしは『ベラミ』論を書き続けているのだが、今までのようなテキストを逐一検証していくような方法だと途方もない時間を要するので、どうしようかと考えている。

 

『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第二回)

九月一日午後三時、屋久島の宮之浦港に着く。

 

平成22年9月4日(土曜)
林芙美子の「屋久島紀行」を読む

 林芙美子は『浮雲』の終わり近く屋久島での富岡兼吾とゆき子を描いているが、この傑作のほかにも「屋久島紀行」(「主婦之友」昭和二十五年七月号に掲載)で屋久島について描いている。この紀行文もすばらしい文章で、島の様子もさることながら、島に生きる自転車も自動車も知らない人たちや、バスの後ろをどこまでも裸足で追ってくる子供たちを活写している。
安房から宮の浦まで、悪路をバスで行くことにした林芙美子は、バスの乗り場で「麦生から安房までの二里あまりの道を裸足で味噌を買いに来たおばあさん」と逢う。このおばあさんは安房の荒物屋に味噌を買うために二里の道を裸足で歩いて来て、再び夕暮れの道を麦生まで歩いて帰るのである。林芙美子は抑えた筆致で「二里の山坂は、このおばあさんにとっては少しも淋しい道ではないのだろう」と書いているが、このおばあさんの姿は行商で芙美子を育て上げた母親きくの姿とも重なっていたことだろう。
六時頃バスは安房を出発、七時に日はとっぷり暮れ、ときどき通りすぎる部落の子供たちはバスを見ると叫びながら夜の道を追ってくる。その場面の描写が読むものの心を熱くさせる。

 バスのヘッドライトに照される子供達は、輝くような眼をして、バスのぐるりに寄って来た。子供達は喚声を挙げた。みなバスのヘッドライトを浴びて、銅色の顔をしていた。バスは道いっぱいすれすれに、部落の軒を掠め、がじまるの下枝をこすって遅い歩みで走った。私はしっかり窓ぶちに手をかけて、暗い道に手を振っている子供達を見ていた。かあっと心が焼けつくような気がした。家々に帰り、子供達は、二つの眼玉を光らせたバスのヘッドライトを夢に見ることだろう。私は時々窓からのぞいて、暗い道へ手を振った。

 わたしはこういう文章をじっくり読む。『浮雲』もそうだが、林芙美子の文章はゆっくり一字一字読んで味わうに値する。わたしが太字にした文章に心響かない読者は、もう文学とは無縁なひとというほかはない。わたしはこの場面を読んで、七十四年の生涯を閉じた寡黙な父親のことばを思い出した。大正四年生まれの父親が子供の頃であるから、八、九十年以上も前の話である。初めて我孫子の鉄道を機関車が走る姿を一目見ようと近隣から多くの人間が集まって驚きの声をあげたということであった。巨大な鉄の塊が激しく蒸気を吹き出し、轟音を響かせて動き出した時の驚愕はどんなものであったろうか。今、現代人はこういった素朴な、からだ全体で感じる驚きを失っている。
林芙美子は島の子供達の純朴な驚きに深く共感している。林芙美子は闇の中で眼を輝かせている島の子供達だけに手を振っているのではない。両親とともに、重い荷を背負って行商に歩いた少女時代の自分の姿にも手を振っている。林芙美子がバスの中から手を振ったその〈暗い道〉がどれだけ深く暗かったことか。

  夜道は長くつゞいたが、雨は降らなかった。沁々と静かな夜である。バスが停るたび、地虫が鳴きたてていた。むれたような、亜熱帯の草いきれがした。月が淡く樹間に透けて見えた。どうすればいゝのか判らないような、荒漠とした思いが、胸の中に吹き込む。もう、二度と来る土地ではないだけに、この夜は馬鹿に印象強く私の心に残った。

 林芙美子が『浮雲』の取材を兼ねて屋久島の旅に出発したのは昭和二十五年四月十三日の夜であった。急行の二等車で九州に着くのに一昼夜かかっている。門司で一泊、翌十四日に汽車で長崎へ向かい、一週間ほど滞在する。その間、天草にも二泊している。その後、船で熊本に渡り、三日ほど滞在、鹿児島に着いたのは四月の末になっていた。鹿児島では、昭和天皇もお泊まりになったという格式のある旅館に宿泊、林芙美子の部屋からは、母きくの生まれ故郷桜島が一望できた。林芙美子はこの部屋が気にいっていたが、旅館側の都合で部屋替えの要請があり、怒った芙美子は天文館近くの繁華街の小さな宿屋に移る。林芙美子桜島には寄らず、四日目の朝九時に照国丸に乗船、午後二時頃種子島西之表港へ着く。午後九時に出港、屋久島へと向かう。照国丸は翌朝六時頃、宮之浦の沖合で客や荷物をおろした後、午前九時頃、安房の沖に錨を下ろす。本船からハシケに乗り移り、安房川河口の船着き場に着く。林芙美子は近くの「安房館」という木造二階屋の旅館に泊まり、この旅館を処点に精力的な取材活動を展開する。

 わたしが先に引用したのは、林芙美子が『浮雲』の終幕部を執筆するための取材を終えて、安房から宮之浦に向かう途中の場面である。この日、海はかなり荒れて、このしけでは明日、三百五十トンの橘丸が安房の沖に来そうにはないが、宮之浦の沖には来るかもしれないということで、思い切ってバスの運転手に頼んで、夜、宮之浦に向かったのである。

 『浮雲』は雑誌「風雪」の昭和二十四年十一月号に連載第一回目が掲載された。「風雪」は昭和二十五年の八月号で休刊、『浮雲』は発表舞台を「文学界」に移し、昭和二十六年の四月号で完結した。二ヶ月後の二十九日、林芙美子は心臓麻痺で絶命した。取材で屋久島を訪問してから、わずか一年あまりの死であった。もう一度引こう「どうすればいゝのか判らないような、荒漠とした思いが、胸の中に吹き込む」。この〈荒漠とした思い〉が胸に痛い。「もう、二度と来る土地ではないだけに、この夜は馬鹿に印象強く私の心に残った」一年後の自らの死を予感したようなことばが重く響いてくる。
 
 子供は絵になる生々した顔をしていた。娘は裸足でよく勤労に耐えている。私は素直に感動して、この娘達の裸足の姿を見送っていた。桜島で幼時を送った私も、石ころ道を裸足でそだったのだ。

 素直に感動する心を失えばもはや人間とはいえない。批評は作品に素直に感動するところから出発し、そこに至る経過報告である。わたしは今、林芙美子の『浮雲』論を執筆していて、文学の力をつくづく感じている。「石ころ道を裸足でそだった」林芙美子のまなざしは優しく深い。こういうまなざしは嘘を一瞬で見破る。嘘つきで卑劣漢の富岡兼吾を命がけで追いかけ続けたゆき子もまた「石ころ道を裸足で」駆け抜けて行った。噴火する島、桜島で生まれ育った母を持つ林芙美子は「屋久島は山と娘をかかえて重たい島」と詩った。

林芙美子は1903年に生まれた。来年2023年は生誕120周年を迎える。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com にお送りください。

清水京子画

林芙美子1903年に生まれた。来年2023年は生誕120周年を迎える。わたしは2010年から「『浮雲』研究のために屋久島へ」を本ブログで連載したが、このたび林芙美子生誕120周年に向けて再録することにした。林芙美子の代表作『浮雲』は重要な作品であり、ドストエフスキー研究家にとっては必読書である。何度でも言うが、林芙美子の文学は本物であり、世界文学の地平において読み直されなければならないのである。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

『浮雲』研究のために屋久島へ(連載第一回)

 

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室   清水正の著作   D文学研究会発行本 屋久島は仏印のダラット、伊香保と並ぶ重要な舞台

    九月一日から三日まで鹿児島の屋久島へと研究旅行へ行く。現在、林芙美子の『浮雲』論を執筆し続けているが、屋久島は仏印のダラット、伊香保と並ぶ重要な舞台である。

 敗戦後、農林省を辞めて材木商に転身した富岡は事業に失敗、家を売り払い、両親と妻を叔母の家に預け、金策に走り回るが思うように事は運ばず、ゆき子と心中するつもりで昭和二十一年の暮れに伊香保の金太夫旅館につく。が、富岡は死ぬこともできず、時計を一万円で買ってくれたバー「ボルネオ」の向井清吉の若妻おせいと関係を結んでしまう。

 おせいは富岡を追って東京に出てくるが、復縁を迫る向井に殺害されてしまう。ゆき子は妊娠するが、迷った末に堕胎し、伊庭の妾となる。富岡は、妻の邦子が病死してもその棺桶を買う金もなく、ゆき子を訪ねて金を借りる。

 成瀬巳喜男監督の映画ではきれいごとの次元で処理されているが、原作ではこの時、富岡とゆき子は性的関係を結んでいる。伊庭は大日向教というインチキ宗教で大金持ちになっているが、ゆき子は六十万の金を盗みだして、屋久島の営林署に就職の決まった富岡を追って行く。

 鹿児島で病気になったゆき子は、無理を押して富岡と一緒に屋久島へとつくが、富岡が営林署へ出かけた後、病状が悪化し、誰にも看取られることなく息を引き取る。

 一人残された富岡は今後どのように生きていくのか。敗戦後六十五年たっても、富岡の〈その後の運命〉は現代の大いなる課題としてわたし達の眼前に突きつけられている。

 わたしは「『浮雲』と『罪と罰』」論で、林芙美子の『浮雲』がいかに重要な問題を孕んでいる小説であるかを検証したが、ゆき子亡き後の富岡の運命を考えることは、現代日本人すべての今後の運命を考えることでもあると思っている。

 これから、屋久島旅行の研究成果を写真を交えながら紹介していくことにしたい。今回は羽田を出発して屋久島に着くまでを紹介。

              飛行機から見る富士山

機内にて林芙美子屋久島関係の文献を読む

鹿児島空港にて

鹿児島本港南埠頭に向かうバスから桜島を眺める

鹿児島本港南埠頭から見る光景

鹿児島本港南埠頭の乗り場の案内室

鹿児島本港南埠頭の乗り場から見る高速船

鹿児島本港南埠頭から見る桜島

鹿児島本港南埠頭から見る海の光景

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

「江古田文学」110号 石ノ森章太郎特集 刊行される

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメール shimizumasashi20@gmail.com にお送りください。

清水京子画

 

江古田文学」110号 石ノ森章太郎特集 刊行される

 

江古田文学」は110号より上田薫編集長のもと新たに出帆することになった。その第一弾が石ノ森章太郎の特集である。編集担当は石ノ森章太郎研究で博士論文を取得し、現在文芸学科助教として「マンガ論」を担当している伊藤景さんである。伊藤さんは10本のインタビューをまとめている。上田薫編集長、浅沼璞教授をはじめ編集スタッフ全員が石ノ森論を発表している。全ページを費やした本格的な特集で、おそらく文芸雑誌での特集は初めての試みではないかと思う。石ノ森は膨大な作品数で知られているが、その割には批評の少なかった漫画家である。わたしは石ノ森章太郎作品に関しては批評の不在を強く感じていたが、今回の総合的な特集はこれからの石ノ森作品批評を促す起爆剤になったと思う。

 石ノ森章太郎と文芸学科のつながりは深い。まず「石ノ森章太郎ふるさと記念館」「石ノ森萬画館」建設の総合プロデューサーであった原孝夫さんは美術学科の卒業生で、縁あって文芸学科の非常勤講師を務めていただいた。石ノ森章太郎が立ち上げた「マンガジャパン」の初代事務局長が原孝夫さんで、わたしも何度かマンガジャパン主催のパーティに参加した。原さんにはわたしの『つげ義春を読め』を皮切りに「清水正ドストエフスキー論全集」「清水正宮沢賢治論全集」などの装丁を手掛けてもらったが、残念ながら2009年7月2日、五十三歳の若さで逝かれてしまった。

 今度の特集で原孝夫さんとの交流が鮮やかに蘇った。初めて「石ノ森章太郎萬画館」を訪ねた時、その時の原さんの誇らしげな笑顔が懐かしい。後輩が全力を注いで編集した「石ノ森章太郎特集」をぜひ天国でお読みください。

江古田文学」110号は全270頁。定価785円(税込み)

購読希望者は全国の書店でお求めください。編集部への問い合わせはTEL03-5995-8255

表紙画 マンスールコルドバッチェ氏

目次

文章は伊藤景さん(特集・編集担当)

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

推薦動画 AliciaFord

ロシア人はなぜ自由を奪うプーチンを20年間も政権から引き剥がせないのでしょうか?

 

www.youtube.com



大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。