プーチンと『罪と罰』(連載17) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

                清水正・画

 

プーチンと『罪と罰』(連載17)

清水正

 

 人類破滅に至るまでの展開は実にリアルであるが、生き延びた選ばれたる人々に関しては非現実的、幻想的である。人類滅亡のシナリオのリアリティを生々しく実感した者にとって、新たな世界を創造する希望はそれこそたわいもない根拠のない幻想のようにも思える。

 ドストエフスキーは〈理性と意志〉による〈思弁〉の代わりに〈愛〉による〈命〉(信仰)を提示した。エピローグから伺えるのは、愛によって復活したロジオンとソーニャが、血で汚れたる地上世界の更新、創造に乗り出さなければならない〈選ばれたる純な人々〉なのだということである。

    はたして彼らに新世界の創造は可能なのか。ソーニャは別として、ロジオン・ラスコーリニコフの回心、復活には未だ疑問が残る。それにロシアの歴史はソーニャの道(信仰)ではなくレーニンの革命を選んだ。この〈革命〉の延長線上にプーチンの独裁が生まれてくる。〈理性と意志を賦与された旋毛虫〉の力は未だまったく衰えていない。否、むしろその力を強めているかのようだ。コロナがワクチンに対抗して様々な変種を生み出すことで延命するように、〈理性と意志を賦与された旋毛虫〉も革命、ソ連邦崩壊などを経て自らの免疫力を強めている。

  〈理性と意志〉を人間たちに賦与したのは神である。ユダヤキリスト教の全能の神は、最初にアダムとエヴァを創造した時より人間を試みている。創世記では、自由意志を賦与されたアダムとエヴァが神の命令に背いて禁じられた木の実を食するかどうかが試みられ、ヨブ記ではヨブの神に対する信仰そのものが試みられる。

 創世記で直接、神が禁じた木の実を食するように誘惑するのは悪魔であり、ヨブ記でも悪魔が神と相談しながらヨブを試みている。注意すべきは、神の背後には常に悪魔が潜んでいるということ、神は悪魔を叱責、排除するどころか、親密な側近として対している。

 創世記の悪魔は神の秘密に通じている者としてエヴァに言葉をかけている。神が、特定された木の実を食することを禁じた理由、それはその実を食した者が神と同じように善と悪を知るようになる、そのことを神は恐れているのだと言うのである。わたしにはエデンの園から一度退出した神が、禁じた木に悪魔(蛇)に化身して身を隠し、エヴァを試みているように思える。ヨブ記では、悪魔は堂々と神の前に姿を現し、ヨブを試みる許可を神から直接得ている。神と悪魔の関係は、神と人間の関係よりもはるかに親密である

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comにお送りください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

プーチンと『罪と罰』(連載16) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

                清水正・画

 

プーチンと『罪と罰』(連載16)

清水正

 

 〈理性と意志を賦与された旋毛虫〉に感染した者たちはお互いに殺戮を繰り返し、結局、人類は絶滅する。と思いきや、ドストエフスキーは何人かは生き残ったと書いている。それも〈悪夢〉を語る最初に「いくたりかの、きわめて少数な選ばれたる人々をのぞいて、人類はことごとく滅びなければならなかった」と書いている。さらにドストエフスキーは〈悪夢〉の最後の方で、この〈選ばれたる人々〉を〈選ばれたる純なる人々〉と書き直し、彼らは〈新しい人の族と新しい生活を創造し、地上を更新し、浄化すべき使命〉をおびていると書いている。

 謎は多い。まず、誰が何のためにこの〈旋毛虫〉を賦与したのかである。〈旋毛虫〉が単なる〈生物〉ではなく〈精霊〉(дух)であるということは、この〈精霊〉が単に偶然的に〈アジアの奥地〉に発生したというよりは、やはり神が創造し、人間の頭脳に賦与(感染)したと見た方が納得がいく。人間に〈理性と意志〉の精霊を賦与するとどうなるか、その残酷な実験を試みたのではないかと思える。

 〈理性と意志〉は神の存在を否定し、それに代わって〈科学〉(二×二=四)を信奉することになる。二×二=四(数学、自然科学、化学、医学)を信奉する人々は神から離れ、自らが神に代わって世界を統治し支配することができると思うようになる。神は、人間のこの傲慢さに容赦のない罰を与える。それが〈理性と意志〉を賦与された〈旋毛虫〉の正体である。〈旋毛虫〉が微細な〈生物〉であれば、やがて科学(医学)がその正体を看破し、治療することができる。現代の蔓延するコロナに対して、全世界の二×二=四に基づく知識人たちが、競ってワクチン開発に臨んでいるが何よりの証左である。

 〈理性と意志〉に感染した者たちが即発狂状態に陥るわけではない。むしろ〈理性と意志〉は合理的に社会を発展させ、民族間、国家間の争いを回避し、相互の発展を築き上げることができる最大の力とさえ思えたであろう。が、〈理性と意志〉を賦与された者が、自分たちの考え方を〈絶対〉と見なした場合、事情は一変する。プーチンの〈正義〉とゼレンスキーの〈正義〉が頑なに自己主張を撤回しない限り〈戦争〉は止むことはない。まさにロジオンの〈悪夢〉のシナリオ通りの展開と結果を招くことになる。

 さて、破滅を免れた〈選ばれたる純なる人々〉とはいったいどういう人々なのであろうか。また彼らに協力して、多くの血で汚されたこの地上世界を更新し創造する〈新しい人の族〉とはいったい何を指しているのであろうか。

 わたしはかつて、生き残った何人かの〈選ばれたる純なる人々〉の内に、愛によって復活したソーニャとロジオンをイメージした。また〈新しい人の族〉とは未だ〈理性と意志〉の〈旋毛虫〉に侵されることのなかった地上世界の或る部族と言うよりは、〈神の国のひと〉というように解釈した。生き延びた〈選ばれたる純なる人々〉は〈神の国のひと〉(新人)の協力なくしては地上を更新し創造することはできないのだと思ったのである。

 それにしても、ドストエフスキーのロジオンの〈悪夢〉の描き方は肝心要のところで微妙に曖昧である。彼は〈選ばれたる人々〉に関して「しかし、だれひとりとして、どこにもそれらの人を見たものもなければ、彼らの言葉や声を聞いたものもなかった」と書いて、そのことについてなんら説明していない。

 

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comにお送りください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

プーチンと『罪と罰』(連載15) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

                清水正・画

 

プーチンと『罪と罰』(連載15)

清水正

 

 わたしはこのロジオンの〈悪夢〉に関してはすでに何度も批評しているが、今回はそれらを踏まえながら、少し別の観点からも検証してみたいと思う。〈旋毛虫〉は〈微生物〉の一種であるから、顕微鏡で見ることができるし、この虫を殺す薬もやがて開発されることになろう。感染しても治療することができるというわけだ。しかし、〈旋毛虫〉は〈精霊〉とも言われている。さてこの〈精霊〉をどのように解釈するかである。物質論者であれば、〈精霊〉もまた一種のウイルス的生物と見なすかもしれない。さて〈精霊〉(дух)には肯定的な意味での〈聖霊〉と否定的な意味での〈魔〉がある。この〈精霊〉(дух)にとりつかれても、〈聖霊〉としての機能が働く場合と、〈魔〉としての機能が働く場合では事情が大きく変わる可能性がある。後者の場合、〈理性と意志〉は相互殺戮にひとを駆り立てるが、前者の場合、〈理性と意志〉はキリストの教えの側に立つかもしれない。ロジオンの〈悪夢〉では〈理性と意志〉は否定的にしか働かないが、わたしは肯定的に働く場合もあるのではないかと思っている。

 ドストエフスキーには〈理性と意志〉(ум и воля)を肯定的に捉える視点がなかったのであろうか。『罪と罰』全前を読み終えた者にとって、エピローグでのロジオンの〈回心〉を告知する作者からの言葉「思弁の代わりに生活が到来した」が持つ重要性に改めて立ち止まってみたい。ロジオンにナポレオンの〈非凡人〉思想が宿ったのは、彼が屋根裏部屋で〈思弁〉(диалектика=弁証法)に耽っていたからである。この〈思弁〉は西洋の自由主義、革命思想に親しんでいた知的青年がごく自然に身につけた学問的姿勢であり、これを捨て去ることは近代人としてのアイデンティティを失うことを意味する。思弁の結果、得られた人類二分法や〈非凡人〉思想に殉ずることこそ、当時の知的青年に求められていたことであって、それを捨て去ることなど、それこそ気ちがいじみたこと、常軌を逸することだったのである。しかし、周知のように、ドストエフスキーは〈思弁〉(диалектика)の代わりに〈生活〉(жизнь=キリストの言葉、命)の重要性を前面に押し出してきた。

  プーチンは〈理性と意志〉によってウクライナ侵攻を決断し実行した。別にプーチンが発狂したわけではない。プーチンの侵攻に毅然として立ち向かうゼレンスキーもまた自らの〈理性と意志〉によって動いている。ゼレンスキーの支援要求に応えているアメリカのバイデン大統領もNATO諸国の首脳も、そして未だ中立的な沈黙を守っている中国の首脳もみんな彼らなりの〈理性と意志〉に従って決断している。彼らは自分たちの立場を各々〈絶対〉と見なしており、相手が敗北を認めない限り、停戦はあり得ない。核保有国が戦争に踏み切った場合、ロジオンの〈悪夢〉は一気に〈夢〉から〈現実〉に化す可能性を持つことになる。プーチンははたして核ボタンを押すことになるのか。今、世界中の人々が固唾を呑んで見守っている。

 ロジオンの〈非凡人〉の野望は、二人の女を殺した段階で、彼が自らの〈才能〉のなさをはっきりと思い知ることで潰えた。プーチンの場合、ロジオンとは違って自らの事をなす〈才能〉を信じ切っているように見える。民主主義政体にあって実質上〈独裁者〉になりおおせたプーチンは、ロジオンのような屋根裏部屋の空想家ではなく、生き馬の目を抜く政界の実力者である。KGBの職員として敏腕を振るったプーチンは政治の闇世界に通じている。民主主義もヒューマニズムも表向き用の仮面でしかないことを知っている。権力を獲得すること、権力を維持するためには、要するに〈すべてが許されている〉ことを実行する男なのである。政敵は容赦なく粛正する。自分の権力に揺さぶりをかける思想家やジャーナリストに関しても容赦することはない。明確に口にしようがしまいが、プーチンは自分を〈ナポレオン〉〈絶対専制君主〉と見なし、有名な思想家、宗教家など利用できるものはなんでも誰でも利用して、自らの〈独裁〉を権威付け正当化するのである。

 現在、ロシア・ウクライナ戦争は続行中であり、プーチンは未だ核ボタンを押していない。当然のこととして人類は破滅していない。これからわたしが書くことは、ロジオンの〈悪夢〉そのものの検証である。

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comにお送りください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

プーチンと『罪と罰』(連載14) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

                清水正・画

 

プーチンと『罪と罰』(連載14)

清水正

 

 それにしても三年越しにわたるコロナ禍がおさまらない二〇二二年二月二十四日にウクライナ侵攻が始まったのは何か暗示的ではある。コロナ発祥の地が中国武漢であること、〈武漢〉が〈アジアの奥地〉であるかどうかは定かではないが、〈伝染病〉が〈ヨーロッパ〉へ向けて進んで行ったということは不気味な予言性を感じないわけでもない。『罪と罰』を読んでいない者もいるだろうから、改めてここにロジオンの〈悪夢〉を引用しておこう。世界中に広まったコロナ感染とウクライナ侵攻を重ねて読めばよりリアリティを感じるだろう。読みやすさを考慮し、米川正夫訳を適当に改行して引用する。

 

 アジアの奥地からヨーロッパへ向けて進む一種の恐ろしい、かつて聞いたことも見たこともないような伝染病のために、全世界が犠牲にささげられねばならぬこととなった。いくたりかの、きわめて少数な選ばれたる

人々をのぞいて、人類はことごとく滅びなければならなかった。それは人間の肉体に食い入る一種の新しい微生物、旋毛中が現れたのである。ところが、この生物は、理性と意志を賦与された精霊だった。で、それにとりつかれた人々は、たちまちつきものがしたようになり、発狂するのであった。

 しかし、人間は今まであとにもさきにも、これらの伝染病患者ほど自分を賢い、不動の真理を把握したもののように考えたことは、かつてないのであった。彼らほど自分の判決や、学術上の結論や、道徳上の確信や信仰なとを、動かすべからざる真理と考えたものは、またとためしがないほどであった。

 人々は村をあげ、町をあげ、国民全部をこぞって、それに感染し、発狂していくのであった。だれもかれも不安な心もちにとざされて、互いに理解しあうというみともなく、めいめい自分ひとりにだけ真理が含まれているように考え、他人を見ては煩悶し、われとわが胸をたたいたり、手をもみしだいたりしながら泣くのであった。

 だれをどうさばいていいのかもわからなければ、何を悪とし、何を善とすべかの問題につての意見の一致というものがなかった。まただれを有罪とし、だれを無罪とすべきかも知らなかった。

 人々はなにかしら意味もない憎悪にとらわれて、互いに殺しあった。互いをほろぼし合うために大軍をなして集まったが、軍隊はもう行軍の途中で、とつぜん自己殺戮をはじめた。隊伍は乱れ、兵士は互いおどりかかって突き合ったり、切り合ったり、かみ合ったり、食い合ったりした。(中略)

 火災が起こり、飢饉が始まった。何もかも、ありとあらゆるものが滅びていった。疾病はしだいに猖獗を加え、ますます蔓延していった。世界じゅうでこの厄をのがれたのはようやく四五人にすぎなかった。それは新しい人の族と新しい生活を創造し、地上を更新し、浄化すべき使命をおびた、選ばれたる純なる人々であった。しかし、だれひとりとして、どこにもそれらの人を見たものもなければ、彼らの言葉や声を聞いたものもなかった。

  ロシアのウクライナ侵攻を扱った動画には、ロシア軍の戦車の砲弾やミサイルで破壊されたウクライナの諸都市の無惨な光景が映し出されている。兵士たちの生々しい殺し合いの場面が放映されることはないが、ふつうに想像力を働かせれば、破壊された建造物や戦車の無惨な姿から、凄まじい戦闘の場面を見ることはできる。いったい何のために〈兄弟国〉の人間たちが武器を手にして殺し合わなければならないのか。戦争は人々のうちに拭いがたい憎悪の種を植え付ける。家族を殺され、恋人を強姦された者に〈汝の敵を愛せよ〉とは言えない。憎悪は憎悪を生み、復讐心は激しく燃え上がる。

 戦争の原因は政治、経済、地勢、軍事、宗教、思想など様々な観点から検証できるが、ドストエフスキーは人間にとりついた〈理性と意志を賦与された旋毛中〉に焦点を当てている。

 

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comにお送りください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

プーチンと『罪と罰』(連載13) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

                清水正・画

 

プーチンと『罪と罰』(連載13)

清水正

 

  プーチンは自分の野望を貫くためには戦争に敗北することも途中で断念することは許されない。が、戦局は予断を許さない。追いつめられたプーチンがはたして核兵器のボタンを押すことができるのか。もし、押せば、アメリカ、NATO諸国も軍事介入せざるを得ないだろう。大規模な核戦争へと突入し、冗談でなく人類滅亡の危機に直面するかもしれない。

 プーチンの病死、自殺、あるいは暗殺などによって現政権が消滅すれば、核戦争の危機は避けられるかもしれないが、しかし誰も確かな未来予測をくだせないままに戦争は続いている。

 ロジオンの場合は、ソーニャに犯罪を打ち明け、警察署に自首することで本編は幕を降ろすことになる。エピローグにおいて、ロジオンはシベリアの監獄の人類滅亡の悪夢を見る。この悪夢はプーチンウクライナ侵攻と政治的野望を考えるうえで実に示唆的である。アジアの奥地から〈理性と意志を賦与された旋毛中〉が発生する。この肉眼では見ることのできない微生物である〈旋毛中〉(трихина)は〈聖霊〉(дух)とも書かれている。この微生物にとりつかれた人間は例外なく自分が絶対的に正しいと思い、お互いに争いはじめる。やがてこの闘争は全世界に広まり、結局人類は滅亡してしまうことになる。

 この〈理性と意志〉を賦与された〈旋毛中〉とも〈微生物〉とも〈聖霊〉とも呼ばれるものが、プーチンにとりついていることは言うまでもない。しかしこの〈微生物〉は一人プーチンにだけとりついたわけではない。ウクライナの首脳にも、アメリカの首脳にも、NATO諸国の首脳にも、中国の首脳にも、その他、全世界の者たちにもとりついているのである。とりつかれた者は気が狂ったわけではない。この〈微生物〉があくまでも〈理性と意志〉を賦与された存在であることを忘れてはならない。とりつかれたすべての人間が例外なく自分たちは理性と意志によって〈正義〉であると確信しているのである。俯瞰的にみれば、〈善〉と〈悪〉の戦いではなく、〈善〉と〈善〉の戦いなのである。今度の戦争に照らして言えば、プーチンも正しいし、ゼレンスキーも正しいということになる。『罪と罰』のロジオンの悪夢のシナリオ通りにことがすすめば、人類は破滅を回避することはできない。

 

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comにお送りください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

プーチンと『罪と罰』(連載12) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

                清水正・画

 

プーチンと『罪と罰』(連載12)

清水正

 

 ウクライナ戦争はどのような形で終結するのか。プーチンが自らの野望を貫き通そうとすれば、まずはウクライナ全土を侵略し、新ロシア世界に組み込む必要がある。しかしゼレンスキーの抵抗は激しく、ウクライナ国民は自国の領土と家族のために戦う姿勢を強めている。世論の後押しもあってアメリカ、西欧諸国もウクライナに対する武器供与、経済的援助に積極的に取り組み始めた。プーチンが首都キエフ(キーウ)攻略をあきらめた時点から、ロシア軍敗退の兆しが見え始めた。バイデン大統領はウクライナに対して直接的な軍事介入はしないことを宣言していたが、実質的な後ろ盾であることに代わりはない。要するに、プーチンウクライナ侵攻を開始した時点で、アメリカやNATO諸国とも戦闘を開始してしまったことになる。不利な戦況になって追い詰められれば、生物化学兵器の使用、さらに核兵器の使用もあり得るかのような状況にある。

 核兵器の使用は、当然のこととして世界大戦を引き起こすことになる。いくらプーチンといえども核兵器を使用することはないだろうと断言することはできない。なにしろプーチンは八年前にクリミアに侵攻し、わずかな期間でロシアに併合してしまった独裁者である。そして今回、大半の識者がウクライナ侵攻の可能性に否定的な判断を下していたにも拘わらず、プーチンは常識を逸脱した暴挙に出た。いったん戦争になれば、いつでも犠牲者は国民である。ロシア、ウクライナ両国の国民は大きな犠牲を払わなければならない。どんな正当化をはかっても、戦争自体が残虐非道な国家による国家に対する、あがなうことのできない悪事であり、その意味でもプーチンウクライナを絶対に侵略してはならなかったのである。

 ロジオンの〈踏み越え〉に即して言えば、ロジオンは〈アリョーナ殺し〉をしてはならなかったのである。では、なぜロジオンはアリョーナを殺したのか。それはロジオンが〈一つの犯罪〉は〈百の善行〉によって贖われると考えたことによる。プーチンにとって〈百の善行〉は〈新ロシアの建設〉(ウクライナベラルーシ併合→ソ連邦時代の全土奪回→全世界統一)ということになる。〈新ロシア建設〉のためという〈善行〉のためには、戦争による犠牲は許されるというのが独裁者プーチンの論理である。

 さて、ロジオンの〈踏み越え〉で重要なことは〈リザヴェータ〉の出現である。〈踏み越え〉てしまった後に、目撃者としてリザヴェータが現れたことによって、ロジオンは再び斧を振り上げた。つまりロジオンの第一の〈踏み越え〉(アリョーナ=社会のシラミ殺し)は彼が意識するしないに拘わらず第二の〈踏み越え〉(リザヴェータ殺し)を招き寄せるのである。

 ドストエフスキーは『罪と罰』において、ロジオンに第二の〈踏み越え〉しか用意しなかったが、本来この〈踏み越え〉は例えば第三の〈踏み越え〉(母親プリヘーリヤ殺し)、第四の〈踏み越え〉(ソーニャ殺し)……へと続くものなのである。ロジオンの〈踏み越え〉のドラマは、彼の内に秘められた過激な革命思想を封じられていたので、第二の〈踏み越え〉の段階にとどまったが、プーチンの場合は自らの侵略行為の論理的正当性を公表しているので、現実的に強大な壁によって阻止されない限りは目的を達成するまで邁進することになる。

 プーチンは新ロシアの建設を彼の歴史観に基づいて正当化しており、さらに革命家の哲学(革命という絶対正義の実現のためにはあらゆる手段が許されている)をも継承しているので、論理的には揺らぎのない確固たる信念をもって彼なりの〈踏み越え〉のドラマを突き進んでいる

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comにお送りください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

 

プーチンと『罪と罰』(連載11) 清水正

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。

                清水正・画

 

プーチンと『罪と罰』(連載11)

清水正

 

  戦争ほど残酷で悲惨なことはない。人間はなぜこれほど残酷なことを戦場においては成し得るのか。自由と平和を満喫し、ヒューマニズムを日常的に実行していたごく普通の人間が、いったん兵士として戦場に送られると非人道的な残酷無惨な殺人を行い得る人間へと変貌してしまうのである。

 人類は性懲りもなく戦争を繰り返している。要するに人間は自分たちを賢明な動物だと思っているが、実は歴史から肝心なことは何も学んでいない愚かな動物だと思ったほうがいい。あるいは人間もまた他の動物と同じく生存競争(弱肉強食)の自然原理から一歩も抜け出せないものと見なしたほうがいい。

 世界大戦を二度も体験した人類が、二十一世紀の今日においても戦争をしでかすのであるから、そもそも人間は本当は平和など望んでいない生き物、必要とあらば人殺しでも何でもする生き物と見なした方がいい。地上波のメディアで「わたしは殺人を望んでいる」などという発言は封じられ、どんなにみすぼらしくてもヒューマニズムの衣装だけはつけていなければならない。こんな欺瞞を人類は絶望もせずに繰り返している。そういう意味では人類は強靱な生物である。人類は欺瞞を欺瞞と思わずに生きられる、そういった心理的装置を備えていて、この装置を破壊してまで真実に生きようとする者はいない。いてもごく希であり、そういった者は欺瞞を許容する社会・国家から抹殺されることになっている。

  ロシア・ウクライナ戦争に関する報道が、生々しい現場を伝えることはなく、視聴者は持てる知識すべてを動員して想像力を限りなく発揮するほかはない。そうすればどんな政治的軋轢があっても戦争を開始してはならないと思うであろう。

 しかし現実においては「歯には歯を」の原理によって戦争が起きてしまう。右の頬を打たれた者は、相手の右の頬に打ち返す。こうして両者は殴り合いの泥沼へと突入してしまう。

 両者ともに言い分があり、それは当事者にとっては譲れない〈正義〉となる。各国のメディアが公平に両者の言い分を報道することはない。メディアは自分たちが所属している国家の陣営に有利な報道を〈事実〉として流す。〈事実〉は編集次第によってどうにでもなる。そんなことはもはや常識である。しかし、にも拘わらず未だ報道された〈映像〉が視聴者に与える影響は大きい。ウクライナ侵略の正当な理由をロシア側の報道は繰り返し活字、映像媒体を通して流すだろうし、当然、ウクライナ側も応戦せざるを得ない理由を訴え続けるであろう。

 一応、西欧側陣地に属している日本においては、ウクライナ寄りの報道がなされ、プーチンウクライナ侵略の正当性を、プーチンの思想、信念に肯定的照明を与えたものはない。プーチンは極悪の独裁者としてのイメージを付与されて日々報道されているのである。

 

清水正の著作、レポートなどの問い合わせ、「Д文学通信」掲載記事・論文に関する感想などあればわたし宛のメールshimizumasashi20@gmail.comにお送りください。

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。 

エデンの南 清水正コーナー

plaza.rakuten.co.jp

動画「清水正チャンネル」https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

お勧め動画・ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ雑誌には https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk&t=187s

清水正の著作購読希望者は下記をクリックしてください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

お勧め動画池田大作氏の「人間革命」をとりあげ、ドストエフスキーの文学、ニーチェ永劫回帰アポロンディオニュソスベルグソンの時間論などを踏まえながら

人間のあるべき姿を検証する。人道主義ヒューマニズム)と宗教の問題。対話によって世界平和の実現とその維持は可能なのか。人道主義一神教的絶対主義は握手することが可能なのか。三回に分けて発信していますがぜひ最後までご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

清水正研究」No.1が坂下ゼミから刊行されましたので紹介します。

令和三年度「文芸研究Ⅱ」坂下将人ゼミ

発行日 2021年12月3日

発行人 坂下将人  編集人 田嶋俊慶

発行所 日本大学芸術学部文芸学科 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1

f:id:shimizumasashi:20220130001701j:plain

表紙

f:id:shimizumasashi:20220130001732j:plain

目次

f:id:shimizumasashi:20220130001846j:plain

f:id:shimizumasashi:20220130001927j:plain

 

 

大学教育人気ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は押してください。よろしくお願いします。