賢治の世界から


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

これを観ると清水正ドストエフスキー論の神髄の一端がうかがえます。日芸文芸学科の専門科目「文芸批評論」の平成二十七年度の授業より録画したものです。是非ごらんください。


平成28年度「文芸特殊研究2」(清水正担当)の課題レポートより


賢治の世界から


高橋 実里


 清水正先生を知ったのは、ちょうど一年前のことだ。日芸の受験ももうすぐという一月の終わりに、毎日新聞の今週の本棚という欄で初めてその考え方に触れた。
 紙面では松原寛について、賢治の童話『やまなし』について、そしてドストエフスキーの『罪と罰』についてを解説されていた。この記事を読み、わたしはぜひ清水先生の講義をとりたいと思った。
 岩手の宮沢賢治ドストエフスキーと相通ずる部分を見出し、広い視野で童話を読み込んでいくのは面白そうだった。実際、演劇学科の学生がいたことから、朗読のみならず体で童話を表現することができて、とても楽しかった。講義への期待は裏切られることはなかった。
 先生は研究の際に必要なものとして、エネルギッシュであることを挙げた。これは、創作にもおなじことが言えると思った。中途半端な気持ちで取り組むと良いものは生まれない。つまり、カラマーゾフの兄弟のように、熱く激しく、感情の爆発というものを抱えながら挑まなければならないのだ。授業のなかで先生の文学に取り組む姿勢を知ってからは、わたしも真剣に小説を書こうと、改めて気持ちを固めた。
 また、清水先生の考え方で印象に残ったものは、日本だけでなく、世界の文学・宗教などを幅広く学んだうえで、再度日本の文学を見つめる、というものだ。
 日芸に入学して、そろそろ一年が経つが、外国文学より日本文学を学ぶ機会の方が多いので少し違和感を覚える。わたしは小学生の頃から特に英米の児童文学を読んでいたので、その流れで中学と高校時代は、英米の純文学をよく読んでいた。
 今、文芸学科で知識を蓄えていて思うことだが、明治からの近代日本文学は外からの影響を多分に受けている。例えばドストエフスキーの場合、坂口安吾志賀直哉、評論だと小林秀雄などがそれぞれ影響を受けている。世界を知るということは、日本を知ることに変わりないのだから、もっと外国文学やその思想との関係性も合わせて、日本文学を学べたらなと思う。
 さて、宮沢賢治の童話に戻るが、童話をテキストとして学んできたなかで、わたしの創作のヒントとなったものは少なくとも二つある。
 ひとつは、ひらがなの持つ多義性を自分の小説の中でも生かすこと。もうひとつは、数字など具体的なものでメッセージを伝えるということだ。
 賢治の童話はひらがなが多く感じられるときもあれば、おなじ読みなのに漢字にされていたりと不規則で、慣れないとその意味が分からないし、一方で分かったつもりになって表層のスケーティングのみで終わることもある。
 でも、ひとつずつの表記に意味が必ずあって、二つ以上の意味を同時に持たせるのは面白いとしか言いようがない。読むときはパズルのようでドキドキするし、それを自分の小説に生かしたときは難しさに頭を悩ます。でも、ひらがなをどう使うか考えるようになったおかげで、推敲を重ねるようになり、納得のいく作品ができるようになってきた。
 二つめの、数字の活用は、先生が講義で教えてくれた数秘術的減算から学んだ。キリストが十字架にはりつけられた時間を表す三と、地上が闇に覆われた時間の六、そしてキリストが息をひきとる九の時間が、数秘術的減算では基本となり、賢治も意識していたかもしれないことを聞いた。それを受けて、意味のある数字の並びが、読み手に訴えかけるものがあることに気づいた。
 わたしはこの数字の使い方をもとに小説を書いているわけではないが、どんな数字でも、示すことによって読み手を惹きつけることができると思う。
 風景描写や心理描写のなかに、具体的なものがひとつあるだけで、物語の動きが変わると思う。それは数字に限らず、五感に直接触れるものであればなんでも良いのだ。このようなことに注目し、意識して小説を書くと、抽象的な部分とピンポイントで具体的な部分が混ざり合って、マーブル模様のようになり、メリハリがつくということに気づいた。
 文芸特殊研究Ⅱを受講して、読み解く力も書く力もバランスよくついた。
 最後に、先生はご病気であるにもかかわらず、講義内容が濃く、エネルギッシュであると思った。お話のなかで、体が痛いのは辛いが、感謝の気持ちが芽生えてプラスな面もあると言っていた。小説を書くとき、自分が生かされていることに気づかず、当たり前だと思って傲慢になったり、素直になれないのは良くないことだと思う。常に感謝し、感動し、賢治のように自然を尊び、そしてそれらの凄さをダイレクトにハートで感じることこそが、創るということの第一歩であると思った。たくさんの気づきを増やしてくださったことに感謝している。