清水正の『浮雲』放浪記(連載143)

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ【清水正チャンネル】https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8Bで見れます。是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=LnXi3pv3oh4


批評家清水正の『ドストエフスキー論全集』完遂に向けて
清水正VS中村文昭〈ネジ式螺旋〉対談 ドストエフスキーin21世紀(全12回)。
ドストエフスキートルストイチェーホフ宮沢賢治暗黒舞踏、キリスト、母性などを巡って詩人と批評家が縦横無尽に語り尽くした世紀の対談。
https://www.youtube.com/watch?v=LnXi3pv3oh4

https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B 清水正チャンネル
https://youtu.be/KqOcdfu3ldI ドストエフスキーの『罪と罰
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp 『ドラえもん』とつげ義春の『チーコ』
https://youtu.be/s1FZuQ_1-v4 畑中純の魅力
https://www.youtube.com/watch?v=GdMbou5qjf4罪と罰』とペテルブルク(1)

https://www.youtube.com/watch?v=29HLtkMxsuU 『罪と罰』とペテルブルク(2)
https://www.youtube.com/watch?v=Mp4x3yatAYQ 林芙美子の『浮雲』とドストエフスキーの『悪霊』を語る
https://www.youtube.com/watch?v=Z0YrGaLIVMQ 宮沢賢治オツベルと象』を語る
https://www.youtube.com/watch?v=0yMAJnOP9Ys D文学研究会主催・第1回清水正講演会「『ドラえもん』から『オイディプス王』へードストエフスキー文学と関連付けてー」【清水正チャンネル】
https://www.youtube.com/watch?v=iSDfadm-FtQ 清水正・此経啓助・山崎行太郎小林秀雄ドストエフスキー(1)【清水正チャンネル】
https://www.youtube.com/watch?v=QWrGsU9GUwI  宮沢賢治『まなづるとダァリヤ』(1)【清水正チャンネル】
https://www.youtube.com/watch?v=VBM9dGFjUEE 林芙美子浮雲」とドストエフスキー「悪霊」を巡って(1)【清水正チャンネル】
https://www.youtube.com/watch?v=S9IRnfeZR3U 〇(まる)型ロボット漫画の系譜―タンク・タンクロー、丸出だめ夫ドラえもんを巡って(1)【清水正チャンネル】


清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』清水正への原稿・講演依頼は  http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html

ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

デヴィ夫人のブログで取り上げられています。ぜひご覧ください。
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-12055568875.html

清水正研究室」のブログで林芙美子の作品批評に関しては[林芙美子の文学(連載170)林芙美子の『浮雲』について(168)]までを発表してあるが、その後に執筆したものを「清水正の『浮雲』放浪記」として本ブログで連載することにした。〈放浪記〉としたことでかなり自由に書けることがいいと思っている。



人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」に参加しています。応援のクリックをお願いします。







人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」に参加しています。応援のクリックをお願いします。




清水正の著作・購読希望者は日藝江古田購買部マルゼンへお問い合わせください。
連絡先電話番号は03-5966-3850です。
FAX 03-5966-3855
E-mail mcs-nichigei@maruzen.co.jp




人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」に参加しています。応援のクリックをお願いします。



 清水正の『浮雲』放浪記(連載143)
 平成◎年11月8日




ソーニャは性別は女であっても、女としての側面は完璧に除かれている。ソーニャは淫売稼業に身を堕としても、作者が当てる照明は彼女の〈聖性〉を際だたせるばかりである。ソーニャは不条理に抗議しない。ソーニャは〈わが魂の震え〉をもって神に抗議するヨブの言葉を奪われている。ソーニャは運命に従順なおとなしい女の枠組みを自ら乗り越えることはしない。ソーニャは神に反逆するどのような言葉も持ち合わせていない。菱形の貧しい部屋で、ロジオンに請われてソーニャは「ラザロの復活」を朗読した。しかし、この朗読は単なる朗読ではなかった。ソーニャは二千年の時空を超えて貧しい小部屋に現出しているイエスに向かって自らの確固たる信仰を告白しているのである。ロジオンが求めているのは、一家の犠牲になって〈踏み越え〉てすら聖性を帯びているソーニャであって、娼婦としてのソーニャの肉体ではない。
 富岡兼吾がゆき子に求めたのは、その肉体であって彼女の精神性ではない。二十も半ばを過ぎたゆき子は、二十歳そこそこのおせいの肉体の魅力に勝てない。ゆき子は女そのものであり、自らの肉体を富岡の肉体にもろにぶつけていくような女である。今までその方法で、ゆき子は富岡との関係を断続的に維持してきた。「マンキンマンキン」と富岡の耳元でささやき続けるのも、そのことで悦楽の日々を思い起こさせるためである。しかし、今、富岡はおせいの生々しい面影にとらわれており、ゆき子に欲情を覚えることはない。生身のゆき子が、富岡の脳裡に蘇ってくるおせいの面影に勝つことができない。ゆき子は惨めの極で「マンキン」とささやいている。もし富岡にゆき子に対する憐憫の情がわき起これば、おせいの幻影を無理に押しやってゆき子を抱けたかもしれない。が、すでに富岡にはゆき子を抱く情熱も哀れみの情もない。女・ゆき子にとっては最悪の状態で、こんな惨めなことはない。ゆき子にはナスターシャ・フィリッポヴナの気まぐれと高慢なプライドが欠けている。もしゆき子にプライドがあれば、とうの昔に富岡との腐れ縁に幕を下ろしていただろう。
 ゆき子は高慢でもプライドの高い女でもない。富岡を独占しようとして、富岡に離婚を迫るような女でもない。いったいゆき子は富岡に何を求めていたのか。この二人の関係で最も重要視されているのは肉体上の悦楽である。ゆき子が富岡との交わりでどのような快楽を得ていたのか、それを読者は体感することはできない。そのことで読者の大半は、二人の腐れ縁の続行を訝しく思わざるを得ないのであるが、腐れ縁を描き続ける作者・林芙美子はゆき子のその性的悦楽を体感としてしっていたのであろう。