小林リズムの紙のむだづかい(連載576)



清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

小林リズムの紙のむだづかい(連載576) 
清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演などを引き受けます。

D文学研究会発行の著作は直接メール(qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp) で申込むことができます。住所、電話番号、氏名、購読希望の著書名、冊数を書いて申し込んでください。振込先のゆうちよ銀行の番号などをお知らせします。既刊の『清水正ドストエフスキー論全集』第一巻〜第六巻はすべて定価3500円(送料無料)でお送りします。D文学研究会発行の著作は絶版本以外はすべて定価(送料無料)でお送りします。なおД文学研究会発行の限定私家版を希望の方はお問い合わせください。


清水正の著作はここをクリックしてください。

http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/searchdiary?word=%2A%5B%C0%B6%BF%E5%C0%B5%A4%CE%C3%F8%BA%EE%CC%DC%CF%BF%5D


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。
ドラえもん』の凄さがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。


小林リズムの紙のむだづかい(連載576)





【インドでは死ねないらしい】

 


 友達の元カノが、40代のおじさんと付き合い始めたということは知っていた。遊園地のアルバイトで生活しているおじさんらしいということも。40代のフリーターと20代前半の女の子が付き合っている。こう聞くとそれだけで「えっ……」と眉をひそめて全力で止めたくなる気もするのだけど、恋愛はいつだって他人の意見になんて耳を傾けても聞き入れないものだからたぶん仕方がないことだと思う。

 そんな友達がある日、元カノとまったく連絡がつかなくなってしまったそうだ。もともと元カノと一緒に仕事をしていたりもしたから頻繁に要件はあった。携帯は繋がらないどころか、契約が切れていた。びっくりした友達が元カノの家を訪れると、なんとそこにはぽつりと遺書が置いてあった。遺書は、40代のおじさん……つまり元カノの今カレが書いたものと、元カノのものが2枚机に置いてあったらしい。

 端的にいうと、その遺書には「ふたりでインドに行って死にます」という内容が書かれていたそうだ。なぜにインド……? と思うのだけどそれは詳しくはわからない。とりあえず私が知っているのは、異国の地でふたりそろって死のうとしたということだけだ。

 ふたりが失踪してから1か月ほど経ったとき、友達の元カノの両親から友達のもとへ「娘が帰ってきました」という連絡があったらしい。なんでもある時突然元カノは突然インドから心配した両親に「4万円を振り込んでほしい!」と電話をかけてきたそうだ。
 インドへ行ったふたりは、途中で死ぬのをやめにした。ところがお金がないので日本へ帰れない。帰国するための飛行機代としてお金を振り込んでほしいというお願いだったそうだ。さらにしばらくして今度は「彼のぶんの帰国するお金もお願い……」と頼まれ、追加で4万円払ってもらったらしい。

 事情がよくわからない私が、他人様の心中騒動についてとやかく言うのは間違っているのかもしれないけど、なんだか本当にそのおっさん、どうしようもない人だなぁと思った。自分の半分ほどしか生きていない女の子と心中をしようとするのもそうだし、散々迷惑をかけたあげく彼女の両親に帰国代をもらわなければどうにもならないなんて、どうかしている。
 だいたい、わざわざインドへ行って死のうとする意味もよくわからない。私のインドに対するイメージは、自由人が多くてお金がなくても好き勝手やってそうな感じ。日本にいるよりずっと解放的で自殺する気なんて起きないと思うのだけど……。
 まあ、ふたりが生きていてよかった。いつかその騒動が笑い話と恥のエピソードとしてふたりの鉄板ネタになっていればいいなと思う。




小林リズムのブログもぜひご覧ください「ゆとりはお呼びでないですか?」
http://ameblo.jp/nanto-kana/

twitter:@rizuko21
※肖像写真は本人の許可を得て撮影・掲載しています。無断転用は固くお断りいたします。