小林リズムの紙のむだづかい(連載510)

山崎行太郎さんがブログでわたしのことを紹介しています。ぜひご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/


清水正ドストエフスキー論全集』第七巻。2014年7月31日刊行。D文学研究会発行・星雲社発売。A五判上製585頁。定価7000円+税



清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

小林リズムの紙のむだづかい(連載510)
清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演などを引き受けます。

D文学研究会発行の著作は直接メール(qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp) で申込むことができます。住所、電話番号、氏名、購読希望の著書名、冊数を書いて申し込んでください。振込先のゆうちよ銀行の番号などをお知らせします。既刊の『清水正ドストエフスキー論全集』第一巻〜第六巻はすべて定価3500円(送料無料)でお送りします。D文学研究会発行の著作は絶版本以外はすべて定価(送料無料)でお送りします。なおД文学研究会発行の限定私家版を希望の方はお問い合わせください。


清水正の著作はここをクリックしてください。

http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/searchdiary?word=%2A%5B%C0%B6%BF%E5%C0%B5%A4%CE%C3%F8%BA%EE%CC%DC%CF%BF%5D


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。
ドラえもん』の凄さがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。
小林リズムさんがエッセイ本をリンダパブリッシャーズ(http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru)から刊行することになりました。本のタイトルは『どこにでもいる普通の女子大生が新卒入社した会社で地獄を見てたった八日で辞めた話』発売日四月五日。
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru
小林リズムの紙のむだづかい(連載510)

【台風を呼ぶ女1】


 


 友達と行った街コンで知り合ったボクサーと郵便局員の男の子と、4人でスカイツリーに行った。グループLINEでなんとなく話がとんとん拍子に進み、「じゃあ遊びにでも行こうかー」という話になったのだ。4人ともスカイツリーに登ったことはなかったからちょうどいいね、なんて話して、いた、の、だけども。

 あいにく当日は台風だった。台風の日はスカイツリーに登れないらしい。
「残念ですね」
「そうですね、にしても台風だから逆に思い出に残りそうですよね」
「とりあえずソフトクリームでも食べましょうか」
 とぎこちない距離感の4人でいそいそとソフトクリームを食べた。風がびゅうびゅう吹きすさぶなか食べるソフトクリームはあっという間に溶けていって、手がべとべとになった。郵便局員の男の子とボクサーの男の子は幼稚園の頃からの幼馴染で、かなり仲が良さそうだ。彼らは今日のスケジュールを綿密に予定を立ててくれていて、ソフトクリームを食べ終えるやいなや「じゃあ、次は焼肉に予約しているから」と、5時半というヘルシーな時間帯にさっそく焼肉屋に向かった。
「次の試合までに6kg落とさないといけないんで、今日で食べ納めにするんです。いっぱい食べます」
 と話すボクサー。彼は今試合に3連勝しているらしい。あと3勝したらチャンピオン……という話を、郵便局員の彼が嬉しそうに説明してくれた。やたらと高いお肉を片っ端から頼むので、私は自分のお財布のなかに入っている金額を確かめたくなった。割り勘にしても1万超えそう…。
「街コンはこの前が初めてだったんですか?」
 と私が聞くと、中目黒の街コンに参加したことがあるという彼ら。
「なんか、バレリーナとかいたんですよ!“バレリーナじゃ食べていけない”って言ってました。僕もボクサーなんで近い職種だなって」
バレリーナ!中目黒の街コンってどんな系統の参加者が多いんですか?」
「うーん、全体的にばりばり働く大人って感じですかね」
 お肉は抜群に美味しかった。そして驚くことに、私たちとたいして年の差のない彼らは全額奢るというのだった。正直言うと私は身内でない人から全額奢られることが結構苦手なのだけど、本当にそれも「計画のうち」だったようだから、ありがたくご馳走になった。





小林リズムのブログもぜひご覧ください「ゆとりはお呼びでないですか?」
http://ameblo.jp/nanto-kana/

twitter:@rizuko21
※肖像写真は本人の許可を得て撮影・掲載しています。無断転用は固くお断りいたします。