小林リズムの紙のむだづかい(連載441)

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

小林リズムの紙のむだづかい(連載441)
清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演などを引き受けます。

D文学研究会発行の著作は直接メール(qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp) で申込むことができます。住所、電話番号、氏名、購読希望の著書名、冊数を書いて申し込んでください。振込先のゆうちよ銀行の番号などをお知らせします。既刊の『清水正ドストエフスキー論全集』第一巻〜第六巻はすべて定価3500円(送料無料)でお送りします。D文学研究会発行の著作は絶版本以外はすべて定価(送料無料)でお送りします。なおД文学研究会発行の限定私家版を希望の方はお問い合わせください。


清水正の著作はここをクリックしてください。

http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/searchdiary?word=%2A%5B%C0%B6%BF%E5%C0%B5%A4%CE%C3%F8%BA%EE%CC%DC%CF%BF%5D


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。
ドラえもん』の凄さがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。
小林リズムさんがエッセイ本をリンダパブリッシャーズ(http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru)から刊行することになりました。本のタイトルは『どこにでもいる普通の女子大生が新卒入社した会社で地獄を見てたった八日で辞めた話』発売日四月五日。
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru
小林リズムの紙のむだづかい(連載441)




【それでも恋するんですか】



 二年くらい会っていなかった友達から「失恋した。マジで死にたい」という深刻そうなメールが届いたので、久しぶりに上野で待ち合わせて飲みに行った。死にそうなほどの恋愛なんて想像もつかない私は、とりあえずネットで『失恋をした友達を励ます方法』を検索して、コラムやらなにやらを読み漁った。「ほかにもいい人いるって!」という台詞がいいとか、いけないとか。「パーッと明るく失恋パーティーでもしようよ!」というノリがいいとか、いけないとか。結局励ますのに正解なんてないよなぁ、なんて思ったときに彼が到着した。

 恋多き男だった彼は、恋愛経験こそ多いものの真剣な恋愛は今回が初めてだったらしい。かなりの痛手を負ったみたいだった。彼女(元カノ)と出会ってからは、毎日が楽しすぎて苦しすぎて「これが恋か!」って気づいたんだって。それまでの恋愛は味を薄めて恋愛とも呼べないものだった、こんなに苦しいなんて信じられない、別れたのにメールも読み返してしまう、写真も消せない―。と、延々と元カノの良さを語っていた。彼があまりにも熱心に元カノは素晴らしかったと繰り返すので、どんな女性かなのか気になった。

 失恋の痛みを励ます方法なんてよくわかんないし。そもそも死にたくなるほどの失恋したことないし。励ませるなんて思ったほうがバカだったわぁ……とふっきれた私は、彼にこと細かく彼女の特徴やとんなところが好きだったのか、どうして別れたのかなどを聞きだした。説明を聞いているうちに、サバサバしていて、気が強くて、ボーイッシュだった彼の元カノと友達になりたい気持ちにさえなった。
「めちゃくちゃいい女の子だったんだねー! 同性にもモテるタイプだと思うよ」
「たしかに、そんなに良い女の子はなかなかいないわ」
「出会い方からいって運命的じゃん」
と思ったことをズバズバと口にしたから、彼の傷をぐいぐいとえぐったかも。とはいえ、それでは申し訳ないとも思って私は女の子を紹介することにした。紹介した女の子はサバサバしているタイプで恋愛に夢中になったことがなく、男性をもてあそんできたような子だった。さあー、どうなるんだろう(笑)。

 けれどよく考えてみれば、傷心中の彼に紹介するのはよくなかったかもしれない。「早く立ち直りたい」とは言っていたけれど、まだ心が痛いうちに誰かと付き合ってもいいことなさそう。
「こんなに苦しいなら今までみたいに適当に付き合ってればよかったかなぁ。そしたらラクだったかなぁ」
と彼が言うので、
「たしかにラクだと思うけど、満足はしないんじゃない」
と返した。しばらく黙ったあとに、やっぱり彼女を好きになってよかった、と彼は言った。

   

 小林リズムのブログもぜひご覧ください「ゆとりはお呼びでないですか?」
http://ameblo.jp/nanto-kana/

twitter:@rizuko21


※肖像写真は本人の許可を得て撮影・掲載しています。無断転用は固くお断りいたします。