小林リズムの紙のむだづかい(連載415)

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

小林リズムの紙のむだづかい(連載415)
清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演などを引き受けます。

D文学研究会発行の著作は直接メール(qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp) で申込むことができます。住所、電話番号、氏名、購読希望の著書名、冊数を書いて申し込んでください。振込先のゆうちよ銀行の番号などをお知らせします。既刊の『清水正ドストエフスキー論全集』第一巻〜第六巻はすべて定価3500円(送料無料)でお送りします。D文学研究会発行の著作は絶版本以外はすべて定価(送料無料)でお送りします。なおД文学研究会発行の限定私家版を希望の方はお問い合わせください。


清水正の著作はここをクリックしてください。

http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/searchdiary?word=%2A%5B%C0%B6%BF%E5%C0%B5%A4%CE%C3%F8%BA%EE%CC%DC%CF%BF%5D


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。
ドラえもん』の凄さがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。
小林リズムさんがエッセイ本をリンダパブリッシャーズ(http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru)から刊行することになりました。本のタイトルは『どこにでもいる普通の女子大生が新卒入社した会社で地獄を見てたった八日で辞めた話』発売日四月五日。
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru
小林リズムの紙のむだづかい

【なんとなく幸せはなんとなくのままがいい】



  

曖昧なままにしておきたいことがたくさんある。
「幸せ」とか「理想」とか「未来」とか、そういった目に見えないものたち。「これが自分にとっての幸せだ!」とか「絶対にこうなりたい!」とか、そういうふうにはっきりと囲ってしまうことができない。どんなものでもそれなりに良い選択だったのだと思いたい。だから私は「地に足がついていない」とか「頭のなかがメルヘン」とか言われるし、自覚もしている。それでも、どうしても物事にくっきりとした輪郭がつくれないのだった。

昔はそれが若さなのだと思っていた。祖父があまりにも頑固で、「かくあるべき」みたいな人だったから、18歳の私はそれにどうしても反発しくなっていた。そしてその気持ちをわかってもらいたくて、確認したくなって友達に聞いたのだ。
「物事を柔軟に受け入れられるのが一番強いよね」
でも彼から返ってきた言葉は期待していたものとは違った。
「今はそれでいいかもしれないけど、歳をとったら多少は頑固になっていたいな。自分なりの芯はぶれずに持ちたい」
だから私は自分の“選びたくなさ”や“枠をつくりたくなさ”は、年齢ゆえに感じるものだと思っていた。歳をとったら私も取捨選択ができるようになって、まっすぐな道を築くのだと思った。けれど、5年以上経った今も私は物事の輪郭をつくれずにいる。熟していく様子はちっともみせずに、私の精神状態はまだまだ青い。

輪郭を持っているのはすごく羨ましい。自分の「幸せ」が明確で、絶対にそこにこぎ着けようと選んでは捨て、捨てては選んで手に入れていく強さは、濁りがなくてはっきりとしている。その姿があまりにも強いから、自分の生き方が間違っているようにさえ思える。

「安定した会社で、順々に出世していって、28歳で結婚をして、30歳で子どもを産むの」
という話も、
「会社には就かないでフリーでずっとやってく。やりたいことやんなきゃ人生損じゃん?」
という話も、私にとってはどちらも同じこととして響く。自分の幸せが明確で、その幸せを掴むために、迷わず、寄り道もせずに突き進んでいる。100円プリンを食べる幸せも、1000円のプリンをお洒落なカフェで食べる幸せも、どっちも選べないし、どっちも欲しい。




 小林リズムのブログもぜひご覧ください「ゆとりはお呼びでないですか?」
http://ameblo.jp/nanto-kana/

twitter:@rizuko21


※肖像写真は本人の許可を得て撮影・掲載しています。無断転用は固くお断りいたします。