小林リズムの紙のむだづかい(連載381)

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

小林リズムの紙のむだづかい(連載381)
清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演などを引き受けます。

D文学研究会発行の著作は直接メール(qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp) で申込むことができます。住所、電話番号、氏名、購読希望の著書名、冊数を書いて申し込んでください。振込先のゆうちよ銀行の番号などをお知らせします。既刊の『清水正ドストエフスキー論全集』第一巻〜第六巻はすべて定価3500円(送料無料)でお送りします。D文学研究会発行の著作は絶版本以外はすべて定価(送料無料)でお送りします。なおД文学研究会発行の限定私家版を希望の方はお問い合わせください。


清水正の著作はここをクリックしてください。

http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/searchdiary?word=%2A%5B%C0%B6%BF%E5%C0%B5%A4%CE%C3%F8%BA%EE%CC%DC%CF%BF%5D


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。
ドラえもん』の凄さがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。
小林リズムさんがエッセイ本をリンダパブリッシャーズ(http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru)から刊行することになりました。本のタイトルは『どこにでもいる普通の女子大生が新卒入社した会社で地獄を見てたった八日で辞めた話』発売日四月五日。
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru

日藝・江古田校舎購買部に平積みされています。

江古田購買部の小泊さん。お世話になっています。
http://lindapublishers.com/archives/publications/dokonidemoiru
小林リズムの紙のむだづかい

【まさかの病日記③私は死ぬんですか?】


 
よたよたとスローで歩きながら、ネットで痛風についての調査を続行する。「風が吹いただけでも痛い」と言われる痛風だけれど、ふざけんな。風なんて吹かなくたって痛い…!なんにもしなくても痛い…!

目をやると痛風の検索トップに出てきた文字に衝撃を受けた。

痛風ってどんな病気?最終的には死に至る危険な病気です。】

……。
思考が止まった。え、私、死ぬの?23歳で?冗談よしてよ、まだ何にもやってないんだけど。大恋愛だって経験してないし、お金だって稼いでないし、満足できるくらいに働いてないんだけど。けれど不思議なことに私の気持ちはハイだった。愉快な気分。実感がわかないというのはこういうことかもしれない。だっておかしい。オッサンがなる病気の仲間入りなんて。

病院につくと患者さんはお年寄りでひしめいていた。受付で「初診で…痛風かもしれなくて…」とぼそっと呟くと「ああ、小林さんですね(笑)」と若めのお兄さんが苦笑しながら「こちらにご記入ください」と紙とペンを渡してきた。紙に書かれた項目には、妊娠の可能性があるかどうか、身長と体重、直近であった生理日まで記入しなくてはならない。このアンケートを先ほどの男性に返すのだけど、そんなことはもうどうでもよかった。痛みさえ取れればもう、なんでもいい…。

担当医は穏やかな男性だった。眼鏡とマスクをしているからわかりづらいけれど、おそらく40代くらい。ぱんぱんに腫れた私の足を見てひどく同情してくれた。

担当医「痛いでしょう?」
私「そうなんです、痛いんです…!」
担当医「とりあえずレントゲンをとりましょうか」
私「はい…。あの、痛風って死ぬんですか?」
担当医「ははっ。心配しなくても大丈夫ですよ。痛風の原因となる尿酸値が上昇すると、腎臓などに悪い影響が出てくる場合があるくらいです。ちゃんとした食生活をして治療していけば何も問題はありません。とりあえず痛風かどうかもわからないので検査していきましょう」

ピンチのときに優しい言葉をかけてくれる人って神様に思える。私は人に対して同情することがあまりないけれど、こんな気持ちになるなら誰かが心配していたり苦しそうなときは同情してあげたいと思った。ビバ☆同情。



 小林リズムのブログもぜひご覧ください「ゆとりはお呼びでないですか?」
http://ameblo.jp/nanto-kana/

twitter:@rizuko21


※肖像写真は本人の許可を得て撮影・掲載しています。無断転用は固くお断りいたします。