小林リズムの紙のむだづかい(連載177)

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演などを引き受けます。

D文学研究会発行の著作は直接メール(qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp) で申込むことができます。住所、電話番号、氏名、購読希望の著書名、冊数を書いて申し込んでください。振込先のゆうちよ銀行の番号などをお知らせします。既刊の『清水正ドストエフスキー論全集』第一巻〜第六巻はすべて定価3500円(送料無料)でお送りします。D文学研究会発行の著作は絶版本以外はすべて定価(送料無料)でお送りします。なおД文学研究会発行の限定私家版を希望の方はお問い合わせください。
清水正の著作はここをクリックしてください。

http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/searchdiary?word=%2A%5B%C0%B6%BF%E5%C0%B5%A4%CE%C3%F8%BA%EE%CC%DC%CF%BF%5D

ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/


四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。
ドラえもん』の凄さがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp



清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。


小林リズムさんが八月九日「ミスID」2014にファイナリスト35人中に選ばれました。
http://www.transit-web.com/miss-id/


小林リズムの紙のむだづかい(連載177)
小林リズム

【イケメントイレ〜女の子にやさしいトイレ〜】
 
 
 そういえばゼミの先生がインドネシアへ旅行に行ったとき「ビールをいっぱい飲んでトイレが近くなるから通路側の席にしたい…」と頼むオジサン先生を押しやって「わたしは生理中だから通路側にする!」と席を乗っ取ったらしい。おお、これぞレディーファースト。男性って女性の生理に対してどれくらい寛大なんだろう?「ごめん、生理痛で遅刻しちゃった!」って言うのは何パーセントの割合で許してもらえるんだろうか。きっと女性同士だったら「ごめん生理痛で遅刻…」は通用しないだろうなと思う。「今日生理でさぁ、おなかいたくて…」「うわ、つらいね。ロキソニン飲む?」みたいな会話はあっても、生理を理由に優先してもらうっていうのは厳しそうだ。けれど男性相手なら生理を体験したことがないぶん、未知の世界だしある程度は気遣ってくれるのかもしれない。

 それにしたって生理の日っておなかに鉛が入っているかのような鈍痛がしたり、パンツに血が漏れないかとかズレないかとか心配になるし、ましてインドネシアのように7時間のフライトだったらファーストクラスとかビジネスクラスみたいに生理クラスみたいなものもつくってくれるとありがたいよね。生理の人は優先的にトイレの近くに座れる、みたいなやつ。それだけでずいぶんと女性のストレスって軽減されると思うのだけど。立っているのも辛いくらいの生理痛のときにトイレの列で待ったり、次の人が並んでいるという圧力で焦ってしまったりするのって結構な負担だったりする。そして「やば、生理きたかも…」と思ったときにナプキンを持ってきていなかったときの絶望感といったら。

 たまにお店の女性用トイレにナプキンが置いてあるのを見かけるけれど、あれを発見するたびに優しい気持ちになる。たとえるなら飲み物をこぼしてしまたときにサッと差し出されたハンカチみたいな、うっかり手を切ってしまったときに「はい」と渡される絆創膏みたいな、そんなスマートさがある。反対に三角コーナーがあふれているような駅の汚いトイレはげんなりするし、近寄りたくない。恋愛においてもトイレにおいても、清潔さと思いやりって大事だよなぁ。できればみんな爽やかなイケメントイレに入りたいよね。そうか、綺麗にすることって自分のためだけでなくて相手に対しての思いやりにもつながるのか…と、トイレからモテを学んだのだった。

 

小林リズムのブログもぜひご覧ください「ゆとりはお呼びでないですか?」
http://ameblo.jp/nanto-kana/

twitter:@rizuko21


※肖像写真は本人の許可を得て撮影・掲載しています。無断転用は固くお断りいたします。