星エリナのほろよいハイボール(連載16)

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。
ドラえもん』の凄さがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp


清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。



星エリナのほろよいハイボール(連載16)
  テレビが壊れる

 二度目です。テレビが壊れたの。一度目は、ある日の朝テレビをつけたらつかなかった。リモコンの故障かと思っていろいろ調べた。携帯電話でカメラを起動して、リモコンの電波等が出ているところを写す。そうして電源ボタンを押すと赤いランプがつく。ついたのが見えたらリモコンは正常。つかなかったら、リモコンが故障。リモコンの裏技らしい。やってみた。見えた。はい、リモコンは正常でした。
 ということはつまり確実に壊れてるのはテレビ。業者を呼んで直してもらうことになった。母が電話してあれこれギャーギャー言った結果、業者さんが来る時間、私しか家にいないことが判明した。え、私が状態とか説明するの? 実はテレビが壊れた朝、私はまだ夢の中にいたので、実際何が起きたのかは父と母から聞いただけだった。まぁ、聞いたことをそのまま伝えて、説明を聞いてお金を払えばいいだけなのだけど、ちょっと緊張。
 だって、業者さんと二人っきりだよ。若いイケメンだったらどうしよう、なんてツイッターに書いて笑ってた。来たのは齢五十前くらいのおじさん。いや、別に、わかってたけど。特に問題もなく、作業は進んでいった。どうやら同じような症状が他のテレビにも起きているらしい。手際よく基盤を交換してもらってテレビの中を掃除してもらって、はい終わり。あまりにも期待(?)していたのにあっさりと終わりすぎたことが悔しすぎて、私はあの日の出来事を「私と業者さんとの一時間」と名づけている。
 これ、今年の三月のことです。そして三日前、壊れた。「私と業者さんとの一時間」から五ヶ月。まさかまた、あの時間が訪れるとは……。
 いや二度とないと思っていたのに。同じ営業所に電話したものだから、同じおじさんが来てしまった。またしても家には私だけ。はい、始まったよ。私と業者さんとの×××。テレビの故障、今回は音だけ聞こえるのに映像が映らない事件! 業者さんによると、テレビの冷却用のファン(ちっちゃい扇風機)が二つついているが、片方動かなくなっている、とのこと。ファンの交換と、またしてもテレビの中の掃除をしてもらい、お金を払う。思ったよりすぐに終わった。
 あれから、ちゃんとテレビは映るようになって、不自由はない。二回目のあの時間、「私と業者さんとの三十分」と名づけた。一回目より、はやかったから……。

 次はない、よね?


※肖像写真は本人の許可を得て撮影・掲載しています。無断転用は固くお断りいたします。