林芙美子研究取材旅行(連載2)

qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。
ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。
ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  
清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー
清水正の新刊案内林芙美子屋久島』 (D文学研究会・星雲社発売)は日本図書館協会選定図書に選ばれました。
A五判並製160頁・定価1500円+税


五月二十八日。12時10分、タクシーで夢二記念館から渋川駅へ。12時40分渋川→高崎へ。13時5分、高崎→長野へ。15時10分、バスで長野駅→道の駅やまのうち。ここからタクシーで角間へ。16時、林芙美子文学館へ着く。黒鳥館長に昨年取材した時の写真満載の自動車部誌を五冊ほど謹呈。三時間ほど取材。19時過ぎ、歩いて芙美子ゆかりの宿「ようだや」へ。女将に挨拶、部屋に案内された後、風情のある四畳半ほどの部屋で食事。女将の名前は養田房子さん、昭和12年生まれで私より一回り上の丑年0型。先代は疎開中の林芙美子をよく知っていたそうで、当時の話を先代からよく聞いていたということであった。旨い食事とビールの後、温泉につかり疲れをとる。23時に就寝。










日芸・自動車部新部員歓迎会(連載第十二・最終回)・林芙美子文学館訪問

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  
清水正の著作   D文学研究会発行本
日芸・自動車部新部員歓迎会(2010/7/28) 林芙美子文学館訪問 
林芙美子文学館館長黒鳥正人さんの解説を聞き終わった後、一階の展示室に戻ってコーヒーを御馳走になる。館長の戦時中、戦後の思い出話などを聞くことができた。帰り際に、私たち全員に「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」の色紙をくださった。閉館時間を一時間以上もオーバーして熱い解説をしてくださった館長に感謝。
午後七時近く、林芙美子文学館を後にした一行は、車二台に分乗し、映画「千と千尋の神隠し」油屋のモデルとなった渋温泉の金具屋に立ち寄った。日暮れ時の温泉街は独特の風情を感じさせる。一瞬、千尋目線で風景を眺める。再び高速道路に戻り、走りに走って無事東京に着いたのは午後十時近くになっていた。
今年の自動車部新部員歓迎会は七月二十七日は「徳富蘆花記念文学館」「おもちゃと人形・自動車博物館」「旅館 金太夫」、二十八日は「善光寺」「林芙美子文学館」「渋温泉街」とめぐり、充実した二日間を満喫することができた。

林芙美子文学館の二階。芙美子が原稿を書いていたという机に向かって。『浮雲』論を書き続けているわたしとしては感無量。

お世話になった黒鳥正人館長と記念撮影。

戦中・戦後の思い出を語る黒鳥館長。







渋温泉の金具屋の前の道路で。二日間、運転し続けた自動車部主将の高橋成斗君とOB会副会長の宮野政崇さん。

日芸・自動車部新部員歓迎会(連載第十一回)・林芙美子文学館訪問

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  
清水正の著作   D文学研究会発行本
日芸・自動車部新部員歓迎会(2010/7/28) 林芙美子文学館訪問 
林芙美子文学館の二階の奥の「語り部の部屋」は、林芙美子関係の写真が実に充実している。これだけ多量の写真が整理されて展示されているのは圧巻である。初めて目にする写真も多く、時間があればゆっくり見たいと思った。さらに疎開時の近隣の人たちの思い出も展示されており、林芙美子の生の姿が浮き彫りになるように工夫されている。文学館は資料だけ充実していても、どこか管理が優先している、役所風のところが多い中、この林芙美子文学館は館長黒鳥さんの人間味豊かな人柄と熱い解説が相俟って、すばらしい空間を醸し出している。つかの間であるとはいえ、まるで林芙美子が傍らにいるような、そんな感じを自然におぼえる。






















日芸・自動車部新部員歓迎会(連載第十回)・林芙美子文学館訪問

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  
清水正の著作   D文学研究会発行本
日芸・自動車部新部員歓迎会(2010/7/28) 林芙美子文学館訪問 
黒鳥館長の話はよどみなく続く。林芙美子の実父宮田麻太郎、母きく、養父沢井喜三郎、夫の手塚緑敏について手際よく語った後、展示された書籍、手紙などについて説明。続いて二階にあがって、さらに興味深い話が続いた。林芙美子文学館のブログに「2階は芙美子が母と夫、養子の4人で生活していたころの雰囲気を壊さぬよう、改装された1階と違い、当時に近い状態で保存されている。窓から志賀の山々や北信五岳が望める「執筆の部屋」には、愛用の机やタンスなども置かれ、息づかいが聞こえるようだ」と書かれているが、この部屋は本当に生活の日常的なにおいが染み込んでいる。壁にさりげなく掛けられた着物や洋服も、展示されているというよりは、まさにつかの間、そこに掛けられているといった感じであった。一行のなかで、最も若き日の林芙美子に似ていると評判のノンちゃんこと松本望さん(自動車部副将)に、洋服ダンスの引き出しから、館長が「この服も林芙美子がふだん着ていたもの」という、その洋服を着せて写真を撮ることにした。もちろん館長の特別なお許しがあって実現したことです。林芙美子の服を着て、机に向かったノンちゃん、はたして文豪芙美子の姿にどこまで迫れたかは見るひとにおまかせすることにしましょう。ところで、どさくさまぎれにマス研の藤野君がこの服を着て「あっ、ボクにぴったり」とか言ってはしゃいでいます。なるほど、まるであつらえたようにぴったりです。これではまるで、六十六年の時空を超えて疎開先の林芙美子一家に遊びに来たようなものです。寛容に微笑されていた黒鳥館長のお顔が優しさにあふれていました。感謝。









日芸・自動車部新部員歓迎会(連載第十回)・林芙美子文学館訪問

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  
清水正の著作   D文学研究会発行本
日芸・自動車部新部員歓迎会(2010/7/28) 林芙美子文学館訪問 
駐車場から歩いて五分、林芙美子文学館についた一行は、黒鳥正人館長夫妻に歓迎された。テーブルにはコーヒーと果物が置かれていた。優しいもてなしに感激する間もなく、黒鳥館長の熱のこもった説明を聞くことになった。館長は疎開中の林芙美子と面識があり、解説にも人間味があふれていた。館長の話を聞いていると、まるでこの家のどこかに林芙美子が生きて暮らしているような感じになってくる。来年は林芙美子が亡くなって六十年になるが、この文学館には生身の林芙美子が確かに存在している。林芙美子研究家や愛好家は必ず一度は訪れて、黒鳥館長の生の声に接し、生きた林芙美子を味わってほしい。展示されている文献資料も豊富で、ここに来なければ見れない貴重な資料もある。今度来る時は、温泉旅館に一泊ぐらいはしたいものだ、というのがみんなの共通した思いであった。
林芙美子文学館のブログには次のように紹介記事が書かれている。

 1階展示室には、貴重な初版本、署名本、限定本、自筆の色紙や掛け軸、手紙やハガキなど400点ほどを紹介している。芙美子の一生を年表などでつづり、他県の記念館や資料館を紹介したコーナーや、夫で画家でもあった中野市出身の林緑敏の絵画も、数点展示されている。

 2階は芙美子が母と夫、養子の4人で生活していたころの雰囲気を壊さぬよう、改装された1階と違い、当時に近い状態で保存されている。窓から志賀の山々や北信五岳が望める「執筆の部屋」には、愛用の机やタンスなども置かれ、息づかいが聞こえるようだ。机に置かれた原稿用紙には、訪れた人の感想などが記してある。

 隣の「語り部の部屋」は、疎開中に親交のあった、約15人の思い出話などをまとめ、いくつかを紹介している。

 作品や書簡の全ては、西澤良治さん(ホテル一の瀬会長)と、柴田家の長女で夫人のいま子さんが寄贈したもの。地元の文化向上と発展の一環になればと、角間温泉旅館組合などで組織する「林芙美子の文学を愛する会」が管理、運営している。

 自身も交流があった黒鳥正人館長の興味深い話から、人間としての林芙美子がかいま見える。説明を聞きながらゆっくり鑑賞しよう。

それでは当日の模様を写真でご覧下さい。今回は一回展示室解説の模様に限ります。


















日芸・自動車部新部員歓迎会(連載第八回)

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  
清水正の著作   D文学研究会発行本
日芸・自動車部新部員歓迎会(2010/7/28)
善光寺参詣を終えた日芸・自動車部一行は車二台に分乗して午後四時過ぎ一路「林芙美子文学館」を目指してひた走った。志賀高原から角間温泉に着いたのは五時近くになっていた。夏季の閉館時間は午後五時だが、あらかじめ電話を入れ、館長黒鳥正人さんの特別な計らいで入館を許可されていた。
林芙美子文学館》のブログにはつぎのように紹介されている。

 山々に囲まれた高台に、昔ながらの湯治場の風情を残す角間温泉。平成11年8月に開館した「林芙美子文学館」は、文学を愛する県内外からの来館が多くある。
 「放浪記」「浮雲」など多くの作品を残した作家・林芙美子は、第2次世界大戦中の昭和19年8月から、終戦の20年10月までこの地に疎開。現在の文学館である柴田家2階で暮らしていた。



<入館案内>
開館時間…午前9時〜午後5時
休館日…年中無休
利用料金…大人200円、子供無料(2001.8.29時点)
問い合わせ…林芙美子文学館
山ノ内町角間温泉 
TEL0269-33-1107
FAX0269-33-1104

今回は角間温泉林芙美子文学館駐車場から文学館入り口につくまでの一行の様子を紹介したい。