D文学研究会

D文学研究会主催による研究会「近現代日本文化を語る」

七月二十三日は午後一時よりD文学研究会主催による研究会「近現代日本文化を語る」が江古田校舎文芸棟ゼミ室4で開催される。共催は「ドストエーフスキイ全作品を読む会」

芸術学部後援会総会の後、父母懇談会

七月十八日は芸術学部後援会総会の後、父母懇談会。山下ゼミの愛称ドンキー・サキのお母さんと三者面談。ドンキーのお父さんは大の日野日出志ファンということで私が監修した「日野日出志研究」№二号、三号、『日本のマンガ家 日野日出志』『日本の漫画家 つ…

清水正・ドストエフスキー論全集の広告

現在、『清水正・ドストエフスキー論全集』第八巻の校正を進めている。十月頃には刊行できる予定。 清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日…

清水正・ドストエフスキー論全集の広告

現在、『清水正・ドストエフスキー論全集』第八巻の校正を進めている。十月頃には刊行できる予定。 清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日…

信濃毎日新聞(2015-6-21)に『黒板絵は残った』の書評

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

「熊谷元一展を見て」小澤百花

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

写真家熊谷元一展

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

写真家熊谷元一展を訪れた人々

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

写真家熊谷元一展

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

大塚頼安   写真家熊谷元一展を観て 

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

中嶋悠理『熊谷元一 感想』

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

坂下 将人 熊谷元一写真集『黒板絵は残った』―星となったピカソの絵―

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

古沢将太「熊谷元一写真展を見て」

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

『熊谷元一〜一年生〜』齋藤響 

清水正への原稿・講演依頼は qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー・宮沢賢治・宮崎駿・今村昌平・林芙美子・つげ義春・日野日出志などについての講演を引き受けます。こちらもぜひご覧ください。 「早稲田塾が選んだ大学教授」…

六月五日金曜日に展示会「写真家 熊谷元一」を訪れた人たち

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されています。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。 熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に…

六月二日は朝日新聞伊藤記者の取材に応じる。

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されます。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。 熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行…

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されます。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。 小学一年生の時の下原敏彦さん。熊谷元一先生と見つめ合う瞳に純粋な輝きが。 展示を…

熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は本日、出来上がりました。

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されます。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行…

『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されます。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行…

熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行、星雲社発売)に関する長野朝日放送の取材

本日は日芸所沢校舎で二時半より熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行、星雲社発売)に関する長野朝日放送の取材に応じた。 二時半から研究室で取材に応じた。『黒板絵は残った』の発行人として、熊谷元一の教育実践の独創性について語った。…

熊谷元一の自主・創造教育

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されます。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。 熊谷元一の自主・創造教育 ──黒板絵の投げかけるもの──清水正熊谷元一写真集『黒板絵…

熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されます。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行…

熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月二十日に刊行

日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されます。詳しくは日芸図書館(℡03-5995-8306)にお問い合わせください。熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行…

熊谷元一写真集『黒板絵は残った』

熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会)は五月末に刊行の予定。現在、編集中。本日はカバー表紙のデザインを紹介します。定価は1800円+消費税 著者紹介 熊谷元一(1909-2010) 長野県生まれ。生涯一小学校教師として勤める傍ら写真家・動画家として…

D文学研究会再活動を祝う

D文学研究会再活動を祝う 下原敏彦 「そろそろ活動を再開しようかと考えている」清水正氏から、こんな話を聞くようになったのは、いつごろだったか。たしか還暦を過ぎたあたりではなかったか。 氏は、半世紀前、「ドストエーフスキイの会」脱会の後、D文学研…

D文学研究会第一回講演に参加して

D文学研究会第一回講演に参加して 小山雄也 2014年7月26日土曜日。高気圧に覆われた日本列島は各地で猛暑となり、気象庁は41の都道府県に高温注意報を出して熱中症への注意を呼びかけていた。水分補給が必須となったこの日、私は日本大学芸術学部…

清水ドストエフスキーの「クリティカル・ポイント」

清水ドストエフスキーの「クリティカル・ポイント」 ― 『世界文学の中のドラえもん』について― 福井勝也 今夏(7/26)江古田校舎で開催された清水正教授の講演を拝聴する機会を得た。そのうえ、講義のテキストとも言える著書までご恵存頂いた。今回折角の機…

D文学研究会第一回講演に参加して

D文学研究会第一回講演に参加して生貝恵美 文芸学科三年 神に宣戦布告 運命は決定されているのか、それとも変えることができるのか。この問題についてはよく議論されるし、日頃から私もよく考える。 私は中学高校の六年間、田舎のミッションスクールに通っ…

D文学研究会主催の第一回講演会

緊張の瞬間 ーD文学研究会主催の第一回講演会においてー伊藤景 2014年7月26日15時に、私は呼吸さえもためらうような緊張感をこの身で体験した。それは、D文学研究会主催の第一回講演会においてのことである。会場で待機していた参加者たちは、おし…

『清水正・ドストエフスキー論全集』第七巻

『清水正・ドストエフスキー論全集』第七巻。2014年7月31日刊行。D文学研究会発行・星雲社発売。A五判上製585頁。定価7000円+税 『清水正・ドストエフスキー論全集』第七巻刊行に寄せて 初めて『オイディプス王』論を書こうと思った動機は、ドストエフ…